THE HOLY LOVE

daily challenge to improvise オーダーメイドとカードリーディングのご依頼はメールフォームより承ります♪

Entries

再生を告げる彩雲メッセージ

12日アメブロ更新しました♪

分かれたるは極にあり
結び合うのも極にあり
極を愛でて実となせ


の2月に突入

彩雲

月創めのカードリーディングを載せるように
しとりますが、今回はお店のブログへシフト。


去年の暮、新月あたりから、太陽さんと雲の
出ている日には、必ず彩雲が見られるという
ミラクルが続いており

彩雲

あまりに凄まじいので、今回は、彩雲の
伝えるメッセージを読んでみました


16 The Tower 塔 逆位置

塔

塔は、不調和、論争、矛盾、災いの遭遇、
危機、計画の変更または行き詰まり、
通常からの突然の退去、
そして、制限からの解放をあらわす。

このカードは、自己を取り巻く壁の劣化を
示し、制限を解き放ち、本当の自分を顕現
させる事を象徴している。

壁は、古いパターンへの固執にすぎず、
もはや役に立たない。
または、気づきによって成長する為のもの
である。

制限からの自由は、保証されている。

試練は、霊的、物質的成長への道を包括し
生じる。

それは、激しいエナジーを経た、
状況の倒壊を象徴する。

ゆえに、これまでまかり通ってきた事は
変化し、古い道の崩壊がもたらされる。

そうして、整理、構築された人生の牢獄
という制限から解放されるのだ。

すなわち、自由をもたらす為の破壊が起こり、
その後、平和がもたらされ、
真の自由を手にする事だろう。

既存のやり方は、もはや通用しない。
抵抗すれば一層、変化の波は急となり、
かつ激しさを増す。

事象の崩壊の正当化は、欺瞞、不誠実、
敵意、対立意識から発っせられるが、
これらは因果応報、原因と結果に基づき
起こっている事。

状況の崩壊の間にあっても、平和で在ろう
とする事は出来る。
その為には、古いパターンを完全に手放す
努力が欠かせない。

この状況を終わらせたいのと同様に、
我欲のまま目先の事に取り組んでしまう
兆候もある。

もし、本質へと還り、
創造の為の破壊が起こっているという事に
気づけたら、
最善の事が起こっていると、
その恩恵を積極的に受け入れられ、
そうして晴れて解放され、
新たな道の一歩を踏み出す事が、
出来るであろう。


彩雲

逆位置なので、タワー崩壊のショックは
弱冠収まってきている。

再生へ向け、どう動くのか、
問われている。

ピンチはチャンス。
変化を受容し、これまでの古いパターンを
完全に捨て去り、勇気を持って自分の足で
立ち上がり、我(蛾)ではなく蝶の道を
歩まれよ、とな

今月は立春のエナジー切り替えと、
月蝕日蝕を控えており。
かなり厳しく、意識改革を迫られる
のだろう。


賢人達は、死の一歩手前で、
悟りを開かれていたり。



何度もご紹介しとりますが、
「A NEW EARTH」は、
美しく変容する為のヒントがてんこ盛り。

ニューアース

あの密林の内容紹介。

内容紹介

21世紀に入り、人類はいまだかつてない危機に直面しています。
それは地球温暖化による異常気象、世界各地で起こる戦争や紛争、発展途上国における飢饉や飢餓、先進国における経済や金融の破綻、治療法のいまだ見つからない疾病、グローバル化がもたらす格差と貧困、なくならないテロ、あるいはそれらによって疲弊する心と体。

このようなことは、すべてが人類に固有の「機能不全」と呼ばれる状態がひきおこしていると著者は言います。
それはある種の集団的狂気とも呼べるようなもので、そして、ほとんどの人間の「ふつうの」精神状態にはたいていこの機能不全が含まれている、と。

では、このような状態から抜け出すために、あるいはこのような状態を改善するために、私たちはどうすればいいのでしょうか?
それは、「目覚める」ことです。
「目覚める」とはいったいどういうことか?
それは「意識」を変化させること。人類ひとりひとりの意識が変わり、目覚めるとき、私たちはよりよい人生を手に入れることができ、よりよい世界をつくることができる。
その新しい地「ニュー・アース」へのパスポートが本書なのです。

根源的で奥深い内なる開花、物質主義と物質性の重力を否定して飛び立つ新たな変容は、実は人類に課せられた使命でした。
その変容、変化をもたらすツールとして、本書を活用してください。
「目覚める」ための準備を整えるには、本書を繰り返し読み、意識の状態を変えることなのです。

全米200万部突破の前著『The Power of Now』(日本語版:『さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる』、徳間書店刊)をふまえて展開される本書は、著者の「いまに在る」という考え方をさらに発展させ、人類の究極の幸福について語られています。
小社『神との対話』シリーズでもおなじみの吉田利子さんの名訳が、本書の内容にさらに深みと品格を与えています。

内容(「BOOK」データベースより)

人種・言語・文化・思想・宗教・年代・性別…。あらゆるものを超えて人々の魂へ響く普遍的な教え、進化と目覚めの書。それが『ニュー・アース』だ。

著者について

アメリカ屈指のスピリチュアルマスター。
ドイツ生。
13歳までドイツで過ごす。ロンドン大学卒業後、ケンブリッジ大学研究員および指導教官となる。
29歳の時、その後の人生を180度転換ほどの劇的な霊的体験をする。以降数年間はこの時の体験を理解し、深め、知識として統合するための研究に費やし、魂探求の道を歩み始める。
ここ10年間はカウンセラー、指導者として活躍。現在は世界各地で講演活動も精力的におこなっている。1995年よりカナダ・バンクーバー在住。
前著『The Power of Now』(邦題『さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる』/徳間書店・刊)は全米200万部突破、世界33カ国で刊行される大ベストセラー。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

トール,エックハルト
特定の宗教あるいは伝統的な教義に属さない現代のスピリチュアルな指導者。ブリティッシュ・コロンビア州ヴァンクーヴァー在住


彩雲

虹サインも、吉凶両方の解釈があり。
どう捉えるかは、それぞれの意識次第。

極限状態が、何故気づきに繋がるのか。

第2章
「エゴという間違った自己のメカニズム」

- すべての理解にまさる安らぎ -

人生のどこかで悲劇的な喪失に出合い、
その結果として新しい次元の意識を経験した
人は多い。

持ち物の全てを失った人もいれば、
子供や配偶者を、社会的地位を、名声を、
肉体的能力を失った人もいる。

場合によっては災害や戦争によってあらゆる
ものを同時に失い、「何も」残されていない事
に気づいた人もいる。

それは
「限界的な状況」と呼んでもいいだろう。

何に自分を同一化していたにせよ、
何が自分自身という意識を与えていたにせよ、
それが奪い去られた。

そこで何故かわからないが、
当初感じた苦悶や激しい恐怖に代わって、
ふいに「今に在る」という聖なる意識、
深い安らぎと静謐と、恐怖からの完璧な自由が
訪れる。

この現象は
「人の全ての考えにまさる神の平安」
という言葉を残した聖パウロには馴染みの
ものだったに違いない。

確かにこの安らぎは筋が通らず、人は自分に
問いかける。

こんな事になったのに、どうしてこのような
安らぎを感じられるのだろう、と。

エゴとは何で、どのように作用するかが
わかれば、答えは簡単だ。

あなたが自分を同一化していた形、
自己意識を与えてくれた形が崩壊したり、
奪い去られたりすると、エゴも崩壊する。

エゴとは形との同一化だからだ。

もはや同一化する対象が何もなくなった時、
あなたはどうなるか?

まわりの形が死に絶えた、あるいは死に
かけた時、あなたの「大いなる存在」の
感覚「私は在る(I Am)という意識は、
形の束縛から解放される。

物質に囚われていたスピリットが
自由になる。

あなたは形のない、あまねく存在、
あらゆる形や同一化する意識ではなく、
意識そのものとしての自分、という
真のアイデンティティの核心に気づく。

自分を何らかの対象に同一化する意識
ではなく、意識そのものとしての自分という
アイデンティティに気づく。

これが、神の平安である。

あなたという存在の究極の真実とは、
私はこれであるとか、あれであるとか
ではなくて、
「私は在る」
なのだ。

大きな喪失を経験した人の全てが、
この気づきを経験して、形との同一化から
切り離されるわけではない。

一部の人はすぐに、状況や他人や
不当な運命や神の行為の被害者という
強力な精神的イメージや思考を創り出す。

この思考の形と、それが生み出す怒りや
恨み、自己憐憫等の感情に、自分を強く
同一化するから、これが喪失によって
崩壊した、他の全ての同一化に、
たちまち取って代わる。

言い換えれば、エゴはすぐに新しい形を
見出す。

この新しい形が、ひどく不幸なものだという事
は、エゴにとっては大した問題ではない。

良くも悪くも同一化出来ればいいのだ。

それどころか、この新しいエゴは、前よりも
もっと凝縮されて、強固で難攻不落である。

悲劇的な喪失にぶつかった時、
人は抵抗するか屈するしかない。

深い恨みを抱いて苦々しい人生を送る人
もあれば、優しく賢く愛に生きる人もいる。

屈するとは、あるがままを受け入れる事だ。

人生に向かって、自分を開くのである。

抵抗すると、心が縮こまって、エゴの殻が
固くなる。

あなたは、閉ざされる。

抵抗している時に、
(否定的な状態の時に、と言ってもいい)
どんな行動を取っても、
更に外部の抵抗にあう。

宇宙はあなたの味方にはならない。

人生は助けてはくれない。

シャッターが閉まっていたら、
日光は入ってこられない。

抵抗せずに、あるがままを受け入れると、
意識の新しい次元が開ける。

その時、行動が可能か必要であれば、
あなたの行動は、全体と調和したものと
なり、創造的な知性と開かれた心、
つまり条件づけられていない意識によって
支えられるだろう。

状況や人々が有利に、協力的に展開する。
不思議な偶然が起こる。

どんな行動も不可能ならば、
あなたは抵抗の放棄と共に訪れる
平安と静謐の内に、安らぐだろう。

それは、神の元での安らぎである。


彩雲

では実際、
災い転じて、の意識へ自主的に取り組む
にはどうしたらよいのか。

第7章 
「本当の自分を見つける」

- あなたが考える自分 -

自分を何者だと考えるかによって、
自分には何が必要で、自分の人生で
何が大事だと感じるかが決まる。

そして自分にとって大事だと感じる事は、
あなたを動揺させたり、慌てさせたりする
力を持っている。

そこで何に動揺し、慌てるかを、自分自身を
どれ位知っているかの物差しに使う事が
出来る。

大事だと感じている事、当人が大事だと
思ったり言ったりしている事は、必ずしも
一致しないが、行動や反応を見れば、
何が大事だ、重大だと感じているかは
すぐにわかる。

そこで自問してみるといい。

自分が動揺したり、慌てたりするのは
どんな事か?

小さな事で動揺するなら、あなたが考えて
いるあなたも、その通り小さいのである。

それが、あなたの無意識の信念だからだ。

では、小さな事とは何だろう?

突き詰めてみれば、
物事は、全て小さいと言える。

全ては移ろいゆくものでしかないから。

あるいは、
「私は自分が不死の霊(スピリット)
である事を知っている」

「もうこんなおかしな世界にはうんざりだ。
私が望むのは平安、それだけだ」
と言う人もいるだろう。

だがそれも、電話のベルが鳴るまでの事だ。

悪い知らせが来る。
株価が大暴落した。
取引が失敗しそうだ。
自動車が盗まれた。
姑がやってきた。
旅行がキャンセルされた。
契約が履行されなかった。

相手はあなたのミスだと言う。
ふいに怒りや不安がふつふつと湧き起こる。
声が荒々しくなる。
「もう黙っちゃいないぞ」。
あなたは詰り、避難し、攻撃し、自己防衛し、
自分を正当化する。

全ては自動操縦で行われる。
さっき自分が望むのは平安だけと言ったが、
明らかに心の平安以上に大事なものが
あったわけだ。

それにあなたはもう不死の霊でもない。
取り引き、金銭、契約、喪失や喪失の脅威
の方が、もっと重要だったのだ。

誰にとって?
あなたが自分だという不死の霊にとってか?
いやいや、「私」にとってだ。

移ろい変化する物事に安心や満足を求め、
それが見つからないからと不安になったり
怒ったりする「小さな私」にとって、である。

これで少なくとも本当は自分が何者だと
感じているかは明らかになった。

もし平安を望むのなら、平安を選べばいい。
どんな事よりも心の平安が大切なら、
そして本当に自分は小さな自分ではなくて
霊(スピリット)だと感じているなら、
挑戦的な人々や状況に直面しても反応せず、
静かに観察していればいい。

状況に抵抗するのではなく、即座に状況を
受け入れ、それと一つになればいい。

そうすれば、観察する中から自ずと答えは
出る。

あなたが自分だと感じる自分(小さな自分)
ではなく、本当のあなた(意識)が答えを出す。

その答えは力強くて効果的で、誰も
どんな状況も、敵にまわすことはないだろう。

世界は必ず自分にとって大事な事を突き
つけてくるから、自分を何者と考えている
つもりであっても、長期間誤解し続けては
いられない。

特に難題が生じた時、人々や状況にどう
反応するかで、自分がどれ程深く自分を
知っているかが暴露される。

自分についての見方が狭く限られていて
自己中心的であればある程、
他人についても自己中心的で限界のある
無意識な部分にばかり目が行き、
そこに反応する。

相手の「欠陥」あるいは欠陥だと思う部分を、
相手そのものと見る。

つまり相手のエゴだけを見るわけで、
それによって自分のエゴをも強化する事に
なる。

他者のエゴを「通して」他者を見るのでは
なく、エゴ「そのものを」見るのだ。

ではそのエゴを見ているのは誰か?

あなたの中のエゴである。

無意識の強い人達は、他者への投影を
通じて自分のエゴを経験する。

相手の中の何かに反応するのは、
自分にも同じものがある(自分の中だけ
にある場合もある)からだと気づけば、
自分自身のエゴが見えてくる。

ここまでくれば、自分が他人からされていると
思っている事は、実は自分が他人にしている
事だとわかるかもしれない。

そうなれば、自分を被害者だとは思わなく
なる。

あなたはエゴではない。
だから、あなたの中のエゴに気づいたからと
いって、自分を知ったという事ではない。

自分は何者ではないかがわかっただけだ。

だが、何者ではないかを知れば、
本当の自分自身を知る上での、
最大の障害が、取り除かれる。

誰もあなたが何者かを教えてくれはしない。

誰かが教えてくれるのは、概念にすぎない
から、あなたを変える力はない。

本当の自分自身には、信念も必要ない。
それどころか、信念はどれも障害になる。

認識すら必要ではない。

なぜなら、あなたは既にあなたなのだから。

だが認識しなければ、本当のあなたが
世界に向かって輝き出す事はなく、
埋もれたままになる。

もちろん埋もれた場所が、本当のあなたの
在りかだ。

貧しく見える人が実は、一億ドルの預金を
もっている事を知らず、折角の財産が活用
されないのと同じだ。


彩雲

今こそ、過去生(世)から根強く引きずって
きている被害者意識を手放し、
感情、思考と一体化せず、
固定観念を全て捨て去り、
真に白紙となり、
御魂のままに生きる時。

何かと同一化する事で、自分に生きる価値を
与えたがっていた「エゴ」に気づけたのは、
エックハルト・トール師をはじめ、
賢人達の良書や、真実を教えてくださった
ブログとの出会いのお陰でした。



「ヤミーの悪あがき」
が激しくなっている今、
真理を知るという事は、
自己防御の最善の策でもあります。

勿論、天使やマスター等、見えないサポート
もありますが、何よりまず、
本当の自分の声を聴く努力はしてますか

その上、サニワしないとなると、守護霊を
装ったヤミーに気づけませんし。

見えない世界に足を突っ込むのは、
そういったリスクも有る、という事。

ヤミーも進化してて、3回名前を聞くとかは
古くてきかないのョ。
とりあえずなにがしが来たら、光の剣で
斬ってください
光の存在なら、斬っても大丈夫です。
スッキリするので、たまに自分を斬ったり
するのもおススメ。

何でもWelcome状態で、うっかりカオナシ
のくれる金を受け取ってしまったら、
現世ご利益は叶っても、
死んで生贄コースdeath。

そもそも上の神界の神程、
あーしろこーしろ言ってはいけない事に。
やたらしゃべる場合は、まず疑うべし。

ニギハヤヒも、

ハイヤーさんやガイドさんは、

基本的にあなたに介入しません。

よほどの危険が迫らない限り、

指示や強制は絶対しないのです。

あなたのブループリントの道を

外れないようにフォローするだけです。

指令を啓示として受けた、

配下(部下)として働くように

メッセージを受け取ったなどの場合は

注意してください。

その存在は悪ではありませんが、

決して高次元の存在ではありません。

あなたを偉大な(有名な)存在だと

伝える存在、

自分を偉大な(有名な)存在だと

伝える存在にも注意しましょう。

高次元の存在は、

名前すら語ることを極力控えるのです。

道を求めないでください。

自分を探さないでください。

あなたのハートの奥深くに、

すべてはしまってあります。

その鍵は、あなたにしか

開けられないのです。


とな。

兎にも角にも、オプションの活用は、
真(神)我となり、ブレない志ありき。

ハイ復習。

潜在意識空間に入り込み悪さするヤミーも
います。
何の知識も持たず、我流の瞑想やチャネ、
夢のお告げを鵜呑みにしたりするのは、
キケン。

自分以外の意識体と繋がって、乗っ取られる
事のないように、
自身の意識がどこに在るのかを、
確認する事です。

内観内省超基本、
全ては自分の中に在るという事を思い出す
為に、賢人達から真理を学ぶ。
何より安全、堅実。

この地味で地道な作業をすっ飛ばして、
霊的覚醒を外に求めたりすれば、
繋がるのはせいぜいこっくりさんレベルの
低アストラル界。

お気をつけあそばせ。

本体さんとの対話の仕方と、光の剣は
過去記事



学歴が全てではありませんが、
公に出て活躍されている師達が高学歴
だったりするのも頷ける。
ドリーン・バーチュー師やダスカロス師
しかり。

心理学、哲学、神学等、見えない大切な事を
学術的に学ばれ、基礎をしっかり築かれている。

彩雲

大好きなこのお方達も

キャシさんm(_ _)m

「依存は自分への抵抗」

自分の抵抗

潜在意識的に、
「誰かがやってくれるだろう」と思っている、
というコメントをいただいたんですが、

そうなんですよ。

問題が改善をしても、もとに戻る力学も
自分で働かせてはいます。

だってさ、解消をしてしまったら、
誰にも頼れないじゃないの。

じつはセッションをして、
問題は解決をしていてさえも、
ご自身が気が付いていない場合があります。

それだと、
問題が解決をしているんだけれど

頼りたい部分、というのが、
不快さを生んだりします。

でもどうしても、人に頼っていたい部分と
いうのはあるものです。

あってよいんだけれど、

まずは、どんな問題も、
「私が解決をする」
「私が背負ういったん」
と思ってごらんなさい、

逃げない、
腹に力を入れる。

何もしなくていいからね、
思うだけでいいんだから。

そして、

「そのために、こういう力が助けが必要」
という探し方にもっていくと

発想が全然変わります。

今迄やってくれない人に怒っていたのが

やってくれて、あれ、これって逆、なんだ、
本来は自分がやることをやってもらって
いるんだ、に変わるし、

すると感謝も本当の意味でできるし、

相手が「お、この人、話していて、
いい気持ちがする、助けてあげたい」と
余計やってくれるという循環もうまれるし。

それと、「見えてくる」んです。

何をしてもらえばいいか、が。確実に

そしてそこは、必ずいい方向に行きます。

もう、逃げんなし。

自分から。

あなたがあなたの世界を築くことを

できるんだから。

気づいてね。

「生きる知恵を探すには」

自分の癖をしりましょう。

どういうときに、
どんな感情に囚われて、
どちらに行きますか?

「自分を今にとどめている感情」です。

怒りか、
動かないほうか、
焦って動きすぎるほうか、
心配をして考え込むほうか。

そしてさらに、
「事実と思えている事柄」を
言い訳として考えてみましょう。

周りはこうする、誰かはこうする、
社会とはこういうもの。

あまりに当然でどう考えても
事実としか思えないもの。

これらを自分を今のままに
とどめている絶対に外さない、
絶対にそこから動きたがらない癖
として考えてみます。

さらに親も、この癖をやっていた
とみてみます。

すると事実が見えてきます。

「私が」ここにいるための
保持するための、
強い強い脳の仕組みだと考えてみます。

ここに気づけた、として、
違う感じ取り方をさせてくれる考え方が、
あなたにとっての、
生きる知恵です。


彩雲

あゆかさんm(_ _)m

私の大好きなエックハルト・トールの言葉
を借りたいと思います。

“自分の中にネガティブな状態があると
気づいても、それは失敗ではない。
それどころか成功である。
それに気づかない限り、
内面の状態と同一化したままであり、
それがエゴとの同一化なのだから。”

「ニュー・アース」P130

つまり、抑圧された思いたちに気づかない
限り、私たちはそれらにすっかり同化し、
エゴに同化したままだということです。

それはある意味思考の催眠状態に
いるのと同じです。

ですが、隠れていた思いや感情が
きちんと認識されたとき、
もうそれらに同化することは難しくなります。

もちろん、このレベルの思いは気づいても
感情がついている限り、セラピーなどを
使わないと外れない場合が圧倒的に
多いです。

それでも、無意識に同化している状態に
比べれば、はるかに楽。

ですので、気分が落ち着くだけではなく、
自我の幻想を崩すことになるため、
もっと根本的な癒しになるんです。

楽になるだけではなく、物の見方、
感じ方がぐんと変わります。

思考に同化している限り、本当の意味の
変化を知ることはできないでしょう。

なので、思考を観察する状態に自分を
持っていくこと。

そして、できれば、心の奥深くにある思考
を観察できる状態になること。

なぜなら、気がついていない思いほど
私達は強く信じ、同化しているからです。

そして、それを通してものごとを判断し、
反応し、人生を体験しています。

では、どうやったら、自分の心の奥深くの
思いを見つけられるのか?

正直言って、簡単ではありません。

自分がスルーしている思いに自分で
気づくのは至難の業です。

ヒントはとりあえず本心をきちんと把握し、
そこにある感情、感覚の声を頭で考えず
に拾っていくことです。

こういう授業が義務教育であったら
良いなぁと妄想します。

とりあえず、
自分の声(言葉)も忘れずにね!
というご提案でした♪

「ペインボディに気づく」

この仕事をしていて、最も難しいなぁ~と
感じるのは、本当はかなり苦しんでいるのに
自分が苦しいのだということが認識されて
いないケースです。

ので“苦しい~~!”と言っている人は、
実はかなり良い感じなんですね。

それが他者の注目を引くために使われて
いない限り、正直ですし、
基本的に癒しのオープンです。

では、ほんとうは苦しいのに、なぜそれが
認識されないのかというと、
例えば
“私はもう充分癒しをしてきて良くなった”
とか、
“悟りを実践しているから見なくても良いのだ”
といったような思考で、
説き伏せてしまっているからです。

つまり言い換えれば、思考に同化し、
感情や感覚がちゃんとキャッチできて
いないんですね。

思考に同化しすぎると、
同化しているという認識も失ってしまい、
感情や経験のすべてなにもかもが思考に
吸収されてしまいます。

なので例えば、
“~~されてどう感じましたか?”
という質問にも、
“まただっていう感じです。”
と、感情や感覚ではなく、
思い(思考)が返ってきたりします。

そこで、
“まただって”思って、どう感じましたか?
と尋ねると、この質問にしばしば沈黙が
起きます。
えっ、まただって感情じゃないんだ~
というような。

なので、こちらで例えば、
悲しいとか腹が立つとか?と助け舟を
出して初めて、あぁ、悲しい感じです、
と感情をやっと認知できるんです。

でも、こうやって折角感情を引き出しても、
なんでだろう?あのせいかな?などと
理由、原因探し、または分析などの思考に
あっという間に飛んでしまい、
また感情を尋ねて、でもすぐ思考に戻って
しまう、みたいなやりとりはセッションでも
年中あります。

で、同化している思考が、他者を悪く見て
いる、自分を否定している、
または何かに不安や恐れを抱いている
といったことであれば、
まだ不幸感が認識されやすいのですが、
悟りやスピリチュアルなメッセージの場合、
それはほぼスルーされてしまいます。

例えば、
“私がいない、ということが見えてしまったら、
まともな人生を生きられなくなってしまう
のではないか?”
というノンデュアリティへの疑問のふりをした
不安のストーリーになって現われたり。

または、“自分が恐れを感じたとしたら、
それは分離感のせいなのだから、
すべては愛だと分かれば、恐れは消えるはず
だ”といったような完全に思考の理解によって
スルーされたり。

先日、フェイスブックに投稿した記事に
こんなご質問を頂きました。

“私の理解不足で、最近、疑問に思うことが
あります。悟りや奇跡のコースでは、
この苦しみや出来事は幻想だから、
このことを現実のものとしてはいけないと。

ゆるしの実践をしている友人がいます。
その友人は最近、病気になりました。
病気も幻想だから、ないものとしている。
長年、家族から否定的なことを言われても、
幻想だからとゆるしの実践をしています。”

これなどは、真実のメッセージが思考活動に
呑み込まれてしまった例かなと思います。

「苦しみや出来事、病気は幻想である」
という思い自体は真実を指しているだけに、
余計気づきにくいでしょう。

しかし、幻想の終わりとは、言い換えれば
本質(愛)の始まりです。

そして本質は言葉(=思考)では決して現せ
ないものであって、
「苦しみや出来事、病気は幻想である」
と単に思っただけでは、
肝心の本質はすっかりスルーされたままです。

そして「ないことにする」という行動だけが
残る。

もし、本当に幻想が幻想だと見抜けていれば
出来事も体もないことにするのではなく、
本質(=愛)が体現されたものとして
きちんと向き合い、ケアするはずです。

でも、もしこの方が実は思考に同化して
しまっているのだと気づかなければ、
そしてまた許しも
“幻想なのだから許そう”
というような思考でやっていたとしたら、
苦しみは認知されずに、放置されたまま
になってしまうでしょう。

人づての話なので、まったく間違っている
かもしれませんが、ただ、このようなケース
はけっこうあるかと思います。

で、でもやっぱり、どこかで自分がハッピー
ではない、すっきりしない、変わった感じが
しない。

どんなに知識が増えて、しくみが分かった
としても、心の中は何も変化していない。
密かに怒りや苛立ちが高まってくるけど、
それも認識されない。

エックハルト・トールのいう
“ペインボディ”の出来上がりです。

ネガティブな感情の集積が、
まさにその人そのものとなり、
生き物として人生を生きている状態です。

つい、自分のフィールドである癒しや
悟り中心に語ってしまっていますが、
思考にしか意識がいかなくて、
ネガティブな感情をためこんでいる人は
世の中にごまんといますよね。

では、どうすれば良いのでしょうか? 
もちろん、答えは一つではありません。

でも、とりあえず、思考という妄想や
ストーリーをがんがん生み出すものから、
もう少し言葉数が少ないものに
注意を向けてみませんか? 

つまり、「体」です。
一日のうちに数秒でも良いから、
何度か体に意識を持っていくんです。
長くやるよりも、回数が多いほうが
効果的です。

体に感じられる感覚、感情があれば、
そこで分析やレッテル張りに走らず、
「好奇心」を持って、その感情や感覚が
動くままに自由にさせてあげます。

理想的には、落ち着ける時間と場所が
あれば、それらの感覚や感情と
ダイアローグを持ってみることです。

ただそれは、“どうして?なぜ?”という
質問ではなく、
“望んでいることを教えて?”、“言いたい
ことがあったら、100%受け入れるよ”
といったようなダイアローグです。

この問いに頭で答えるのではなく、
感覚に集中したまま、
しっくりくる返事が現われてくるまで
ただそのままでいます。
(これは多少経験がないと難しいかもです)

ペインボディは基本的に理解してもらいた
がっているんです。
かたくなになっていることが多いのですが、
本当は受け入れて欲しいんですね。

ということで、セラピストの半澤久恵さん
が書かれた、ちょうど良いブログの記事
がありますので、それを最後にご紹介
させてください。

自分の中にあった感覚とのダイアローグが
物語り風になっていてとても読みやすい
です♪ 

題して、
「村に虹をかけた男の子」
のお話。

(是非リンク飛んでお読みくだれ)

その実、自分の事すら全然わかっていないの
ねんと、読んでいて身につまされますよて。

本当に大切なコトは、親も学校も社会も
教えてくれないから、こうやって自分で
見つけるしかないという。

エックハルト・トール師が自伝の中で
おっしゃっていたように、

「ある人は、準備が出来た時に、
霊的な教師や師に出会います。」


という事なのでせぅ。

真理を、もっと早く知れてたらとも。
でも今だからこそ、理解出来るのだろうと
シミジミ思う、今日この頃

彩雲

久々に、夢の解読も

アモーレと談笑している。
めっさ美人
長友選手はイギリス行くのかな

アモーレが小さな箱を重たそうに持っていた
ので、持ってあげた。

「結婚してイタリア行ったら、日本食が恋しく
なったりするのかな、したら何食べたい?」
と聞いたら、「どじょう」とな。

アモーレ=愛、わたすの本体さん。
小さな重い箱=ヤミーの数
どじょうはお祭りの金魚すくいの水槽に
一緒に入れられ、金魚のフンを食べる
お掃除役=光に還す、もしくは駆除

その後、壁一面青い部屋の中=地球
So Coolと隅々まで眺めていたら、
天上近くの壁が弱冠汚れていた。

建物を出て駅へ向かった。
電車=次元上昇しネクストステージへ移動

ホームに銃持ったヤカラが数人、
邪魔をしていたが、マトリックスのネオの
ごとく弾丸をよけ一網打尽に。

この日の夜の静香さんのブログ


よかったよかった
光の剣を受け取ってくださった方、
同志の皆様、
ひとまず乙カレーさまんさm(_ _)m

3次元的には、まつがい電話、エアコンの
リモコンが隠される、ぶつけたり切ったり
していないのに指に小さな傷、といった位
で済んでいます。

シールド
張ってくださったお陰。
有難うございましたm(_ _)m

今後こういった目に見えない世界の変化も
よりわかりやすく、事象に顕れてくる事でせぅ。

人類最大のカルマである砂漠化も、
今やサハラ砂漠には雪が降り、
サウジアラビアの砂漠には、お花が
咲き乱れるのですから。
これからがホンチャン、楽しみですネ



そうそ。
夢の解読やシンクロも、見たままでは
違ってたりもします。
大概アッチはユーモアたっぷりでトンチ好き。
百=ももとか。


メッセージを正しく受け取る為には、
直感を鍛える事と、
筋力反射テストで検証する

ちなみに筋力反射テストとは、
オカルトではありません。
ニュージーランドでは政府も公認する
代替療法であります。

身体はウソをつかないからです。

日常でも、何か食べ物を買う時とか、
「この食べ物は安全です」で
一人オーリングし、身体に聴いて、
サニワ力を鍛える事は、必須です。



べきねば、という思い込みがある以上、
夢の解読やシンクロを、ムリクリ現状と
辻褄を合わせようと、自分に都合よく
解釈してしまったり。




自分の真実をしっかり見極められるよう、
筋力反射テストを習得し、
駆使してゆきませぅ

彩雲

太陽と輪になり歌う人よ
闇に悩まされる事はない
光で終了させるから




Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

New Earth

welcome

Current Moon

CURRENT MOON

profile

愛

Author:愛
全てを統合し、あい(天意)となりました♪

Love is,indeed the only law

calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

検索フォーム

閻魔ちゃまのおみくじ

THE CIRCULATION OF LOVE

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter