THE HOLY LOVE

daily challenge to improvise オーダーメイドとカードリーディングのご依頼はメールフォームより承ります♪

Entries

胡蝶の夢 荘子

14日アメブロ更新しました♪

88ライオンゲートオープンあたりから、
眠くて眠くて
しかも30日から水星逆行
完結へ向け、調整に拍車がかかる、
そんな9月のエナジーは

日暈

原因と結果が、如実に顕れる時。

不安さゆえに、外に解消法を求め、
他者のコントロール下に置かれたり、
支配的な規律や秩序にがんじがらめで、
柔軟性を欠いていたりと、
恐怖ベースの思考で、自分を偽り
誤魔化し続けてしまうと、、
折角のこの大変革の流れに乗れず、
波に呑まれてしまう

結果は結果。しっかり受け止め、
初心に返り、1からやり直す覚悟で、
修正出来るかがKey。

さらに、今日は乙女座新月(日蝕)という
事もあり、ルナちゃんと蝕のメッセージを
お店のブログに書いたので、合わせて
お読みくだされ


静香さんm(_ _)m

「準備が出来た人へ」

次元の扉が開いてから、これまで思った以上の
人たちが、扉の中に入ることが出来ている。

その中には光の会に参加したことがない人や、
ブログを読んだことのない人もいるだろう。

光の会に参加して、メッセージやアドバイスを
もらい、必死にやってきた人たちは、光の会に
参加せずに、どうして扉の中に入ることが
出来るのだろうと不思議に思うかもしれない。

光の会に参加しなくてもブログを読んでいなく
ても、すべての人間には、必要なことが成され
必要な学びが与えられる。

それは誰も例外なく、すべての人間たちに
与えられている。

必要な学びとは、魂を磨くものなので、
この世的に見れば、大変酷で、つらくて、
苦しいもの。
何度も涙を流し、歯を食いしばって耐える
もの。

なぜ自分だけが、なぜ自分ばかりがと思うよう
な出来事が、連続してやってくる。

それらを乗り越えることで、魂磨きも同時に
行われる。

目の前の苦しみから決して逃げ出さず、正面
から受け止め、何度もくじけそうになりながら、
乗り越えるもの、乗り越えたもの。

このような体験は、地球でしか出来ない。
3次元でしか味わうことが出来ないもの。

苦しみ、つらさを乗り越えることにより、
魂は輝きを増し、人間としての器も大きく
なる。

そんな人たちが、ようやく報われる時が
やってきた。
必死になって頑張って来たことが、
ようやく報われる。

次元の扉は、もう目の前にある。
扉は開いているので、後はそこに入るだけ。

入るためには、自分で「入る」と意識すれば
いいだけ。

3次元の頭でごちゃごちゃ考えずに、
この記事を読んで「これは自分のことだ」と
思ったなら、「これって私のことだ」とピンと
来たのなら、次元の扉に入ることが出来る。

扉は魂磨きが出来た人たちを、待っている。

苦しい思いをして、乗り越えて来た人たちを
待っている。

「次元の扉の前に 」

前回の記事を受けて、次元の扉の前に、
たくさんの人が立っているのがみえた。

そして扉の中に、一人ずつ入って行くのが
みえた。

前回の記事を読んで、すぐに実行してくれた人
がいて、とてもうれしかった。
そして次元の扉に入る準備が出来ている人が
たくさんいたこともうれしかった。

けれど一方では、扉に行くことが出来ず悔
しいのか、念を送ってくる人たちもいた。
今日は何度か、念攻撃を受けた。

扉の中に入れなくて、あるいは次元の扉なんて
あるはずがないと思い込んでいて、そんな記事
を書く私に対して、ねたみ、嫉妬、うらやましい
思いが、念となってやってきたのだろう。

素直に行動出来る人がいれば、素直になれず
に、念を送ってくる人もいる。
地球とは素直な人と、ひねくれた人の両方が、
同時に存在出来る場所。

扉に入ることが出来る人がいるのは、確かだ。
もうすでに何人もの人が、次元の扉の中に
入っている。

扉の中に入ると、これまでとはまるで違う感覚
になる。その感覚が、本物である。

まるで違う感覚が、本当の世界。
それを味わって欲しい。

「次元の扉の中では」

次元の扉の中に入ると、自然に役目が
スタートする。
それは本体の自分が、一番やりたかったこと。

それをやるために、地球という波動の重い
惑星を選択し、その中で苦労をし、
魂を磨くために何度も生まれ変わって来た。

役目は自分が一番やりたかったことなので
出来ることがうれしくて仕方なくなる。
あ~、自分はこのために生まれて来たんだなあ
と実感出来る。

だからもう3次元なんて、気にならなくなる。

身体は3次元にあるのだが、3次元の出来事
がどこか遠くの出来事のように思え、本体で
いることの心地よさを選択するようになる。

これまでは本体を意識することは出来ても、
すぐに3次元に戻っていたのに、
今は3次元に戻ることより、本体のままでいる
ことを選択している。

そうやってどんどん、本体の意識を大きくして
いくことが出来るようになる。

次元の扉が開いてから、ずっと役目をやって
くれていた人たちは、次の段階に入った。

扉の中に入ったから、それで終わり!
ではない。
やることはたくさんある。

これまで扉の中でいろんなことを行ってくれて
いたが、次の段階は、3次元での役目。

3次元で自分の身体を人々の中に運ぶことで
次元の扉があることを気づかせたり、
入るよう促すことが出来る。

本体の意識が大きくなったことで、
3次元にいても、大きな光を放つことが
出来るようになっている。
それを3次元で広げていくことを
求められている。

あるいは、この世に生きているものたちや、
亡くなってもまだこの世にとどまっている
すべてのものたちの悲しみを癒すことが
出来るようになっている。

役目のどれもが、自分のためではなく、
人のためである。
自分のための役目なんて、あるはずがない。

すべては人のため、人々のため。
そのためにこれまで必死に、自分の魂を
磨いてきた。

自分なんてあって、ないようなもの。
人のために何かが出来ることは、
魂にとって最高のよろこび。

3次元で役目が出来るようになったことで、
よりハッキリと人々が感じ取ることが
出来るようになる。

多くの人が次元の扉があることに気づき、
扉の中に入る準備が出来た人は、
入ることを促される。それを想像すると、
魂がワクワクよろこんでいるのが分かる。

「祈りの浸透」

明日から9月になり、これまでとは違う
エネルギーになる予感がしている。

そのためにたくさんの龍たちが、
出てきていると感じた。

8月までにやらなければならないことが
あり、9月には新たな動きが始まる。

何をやるのかは、
一人ひとり決められている。

感覚で分かっている人は、
行動しただろう。

9月からは一気に、そして大きく動く。

さらに波が早くなると感じている。

そして動きはすでに、始まりつつある。

「祈りの変化 」

9月に入って、祈りが変化した。

8月までは龍がたくさんみえていたが、
9月からはガラッと変わったので驚いた。

「よろこび」のエネルギーが出るように
なった。

赤いバラ、ピンクや黄色の花などが
たくさん出て来た。

私の身体が、よろこびであふれている
感じだ。

花の他には、星やキラキラとしたもの、
誰もが見るだけで楽しくなるようなものが、
どんどん出て来た。

妖精や女神たちが、手伝ってくれている
のを感じた。

なぜ「よろこび」なのだろうと思って、
光の存在に聞いてみた。

「よろこびは愛と同じで、強い力、
エネルギーを持っている。

よろこびを受け取ると、一瞬で癒える」と、
言われた。

私たちは魂の向上を目指している。

魂は何らかの目的を持っている。

魂を向上させたり、目的を達成させるために
必要なことが、「よろこび」なのだろう。

「よろこび」は3次元の喜びと混同されがち
で、なかなか理解出来ない人が多い。

3次元的にうれしいのではなく、
3次元での喜びではなく、魂の奥底から
やってくるもの。

ジワ~ッと、魂の奥底から、丹田から
湧き上がってくるものだ。

「よろこび」を感じることが出来れば、
自分が何をすればいいのか、
何をしにやって来たのかが分かる。

「よろこび」は天界と、ダイレクトに
つながっている。

祈りを通して、この世に「よろこび」を
届けることが出来るようになった。

愛と同じ強い力を持つ「よろこび」を、
是非受け取って欲しい。

「次元の扉に入っているのに、
気づいていない人」

本体を意識するためには、
3次元は「ほどほど」にしなければならず、
3次元よりも本体が本当の世界、
ということを実感しなければならない。

扉の中に入っても、3次元で分からなければ、
入れていないと思い込んでしまう。

その思いは本当にもったいないことで、
本体はしっかり役目を行っているのに、
3次元がまったく分っていない状態になると
先に進むことが難しくなる。

8月に多くの人たちが扉の中に入ったが、
そのうちの何人が扉に入れたと感じたこと
だろう。

たぶん大多数の人たちは、扉に入ったことを
分かっていないのかもしれない。

扉に入ったかどうかを知る手段としては、
もう何度も伝えているが、3次元の意識は
「横に置く」こと、「ほどほどにする」
ことだ。

3次元にどっぷりだと、必ず思考を使っている
ため、感覚が使えていない。

感覚が使えないと、扉の中に入ったこと
さえ分からない。

3次元ではそのような状態でも、扉の中に
入れたのに、入れていないと思い込んでいても
本体はそんなことまるで関係なしという感じで
役目を行っている。

本体と3次元の意識は、
まるで連動していない。

だから本体と3次元の意識が
「かけ離れている」ため、
3次元の意識を本体よりにしなければ、
入った感覚になることは出来ない。

そのためには、

①本体を、もっと意識すること。

②3次元が本当の世界ではないと、
頭だけではなく意識で理解すること。

③本当に扉に入っているのか、などという
余計な考え=マイナス感情は、
すぐに流すこと。

本体と1つになることを意識すれば
(最初はうまく行かないかもしれないが)
安心の中に自分がいることが分かり、
不安を持つ必要がないことも十分に分かる。

次元の扉の中は、3次元とはまるで違う世界。

扉の中に入れば、3次元に戻りたいとは
思わないだろう。
そのような世界だ。

本当の自分(本体の自分)は扉の中にいて、
安心やよろこびの世界を味わっている。

そちらに意識をより多く持っていけば、
3次元でどんなに悲惨なことがあっても、
淡々としていられる。

せっかく次元の扉の中に入っているのに、
それに気づかないなんて、本当にもったいない
し、自分の魂に失礼なことをしている。

それに扉の中に入ったからそれで終わり、
ではなく、役目を行いながら、次へ次へと
促される。

扉の中は進化し続けているため、とどまる
ことはなく、次の役目へ、次はこうして
欲しいと言うものが絶えずやってくる。

3次元で扉の中に入ったことが分から
なければ、次に行くことは難しい。

時はずっと流れ続けている。

扉の中に入っても、流れは止まることなく、
流れに乗れば、次に何をすればいいのか、
自然と自分で分かるようになる。

扉の中に入り、しばらく扉の中で役目を
行って来た人たちは、今度は3次元での
役目を行っている。

扉の中でも役目を行い、
3次元でも役目を行う。

これこそが「あなたが求めて来たこと」
ではないか?

「次元の扉の中に入ったら、気を付けなければ
ならないこと」

次元の扉の中に入っている人たちが、
一定数に満たないということは、
前回のブログでお伝えした。

扉に入る予定になっている人たちが、
入ることが出来ないでいる、あるいは
入ることを忘れている状態なのだろう。

そこには扉に入るのを阻止しようとするもの達
がいて、それらが邪魔をしたり、
入らせないよう画策している。

そして扉の中に入った人たちにも、何とか
そこから引きずり出そうとして、3次元で
様々なことを策略し、あの手この手を使って
本体の意識から遠ざけようとする。

そんなもの達の策略に、乗ってはならない。

策略として考えられるのは、
3次元であまりにも忙しく、本体と1つに
なる時間さえ取れず、瞑想する時間すら確保
出来ない状態にさせられるかもしれない。

何をしてもダメな状態にさせられ、
頑張ろうとする気力をそぐかもしれない。

そんな状態に、決して負けてはならない。

しっかりと踏ん張り、これは何か邪魔を
されていると気づき、淡々とすること。

邪魔をしてくるものたちに意識を向けず、
本体を強く意識することである。

そしてもう1つ、気を付けなければ
ならないことがある。

それは「傲慢さ」に気を付けること。

次元の扉の中は異次元の世界であり、
マイナス感情は存在しない。

よって傲慢さを持てば、扉からはじき
出される可能性がある。

傲慢さは、「自分が」という思い。

自分がやっている、自分のおかげだ、
などの思い。

傲慢さは「余計なことをする」こと
からも発生する。

「余計なこと」とは、やらなくても
良いことをやってしまうこと。

たとえば目の前にいる人を助けようと
思った時、それが本当にその人のため
になるのか、あるいはその人の学びを
奪ってしまうのかを、
よく考えなければならない。

その人の学びを奪うことが、
余計なことになり、それが傲慢さとなる。

次元の扉の中に入っている人で、
傲慢さが出てきている人がいる。

自分ではないと思わず
(そう思うことも傲慢)、
すぐに自分を振り返り、点検すること。

そのまま傲慢さを持ち続けると、
確実に扉からはじき出される。

傲慢さを持った時には、必ずサインが
やってくる。

小さなサインだが、ほんの少しの違和感
だが、スル―せずに必ず拾うこと。

余計なことは傲慢さにつながり、自分が、
自分がという思いも傲慢さと結びつく。

扉に入るのを阻止する存在、入っても
引きずり出そうとする存在に気を付け、
自分の傲慢さに気を付けること。

常にアンテナを張り、違和感を
そのままにしないこと。

扉の中に入ったからと言って、
この世で生きている限りは、
油断してはならない。


日暈

さて。

先月ブログを更新した翌日ってのが意味深、
じゃ〇〇っくのチェックが入ったとの事で
突然幾つか記事が削除された。

3次元攻撃。こーいう時は冷静に防御策。
「攻撃した人ありがとね、全部お返しします」
と感謝返しをし、
淡々と過去記事を辿りながら、スサノヲ
ニギハヤヒ、賀茂忠行あたりの記事を
懐かしく読み返していたら

その日の夢でオールドアース、奈良の
どっかの寺へ
忍者一族の末裔が集い、客人をもてなす用意を
している。

話しかけると、光の道を歩まれている子と
闇堕ちした子、両方が一同に会している。

意外と長は、おばば。
客人はヲとこの悪性宇宙人(虫)

スっと近寄り「終了」と伝え、宴が一転、
戦闘モードに

あらぶるおばばの息子を、不動明王のごとく
睨み付けロックオン

おばばのお引越しと、虫一匹駆除完了、
女の子一人を連れて奥座敷の小部屋へ。

カモっちおる、わろてるでw
君の依頼だったんか。

水羊羹を今風にアレンジしたような、
不思議なスイーツでもてなされた。

毎回思うのだが、香りや味覚がちゃんと
あるのがおもろす。

二人で美味しいね~とパクパク食べてたら、
追っ手が来て、どうしたもんじゃろのぉと。
したら女の子が窓の外へ向かって大声で
七福神を呼んどる。

窓際に、まるで列車が横付けするように
来てくれて、二人で飛び乗った

後はカモっちにまかせたぉ。

その翌日には、あかんヤツ来るって事前に
わかってて、滋賀のどっかのビルの屋上で
待ち構えている。

空が非常に美しく、目の前には大きな虹

来た とおもたら、すんげーちゃちなマカバ
に乗った、背の小さいヒューマノイド型。

首ねっこひょいと掴んで捕獲w
もう一人は下から来たとこを同志が捕獲。

一仕事終え、ベッドで横にならせてもらう。
同志と談笑しながら、もう一件お掃除へ。

台湾。
同じタイプの宇宙人を捕獲、こやつは全く
悪気がなく。
「一発殴ってもええか?」とシュっと拳を
繰り出すポーズしとるしw

虫じゃない系は、ひとまず冥王星送り。
きっちりオトシマエをつけて頂く。

その翌日、間髪入れずに次の依頼、
役小角。京都へ。

エレガントなお部屋に百合が飾られている。
その背後には沢山のハエorz

光の道を歩んでいるとかんつがいし闇を拡散
しているスピ系がターゲット。
別件だケド、突然ブログを止められた時
違和感が。その後ブレが気になり、
一体どうされたのだろうと。
エレガントの極みとあこがれていただけ
あって、残念

話を戻しまして。ウォークインしとる
宇宙虫をロックオン

役小角が光の剣で斬った後、
ダ〇〇ン それは ぬこが通り抜けることが
できる  唯一の扇風機
じゃなくてっ
吸引力ぐんばつな掃除機でイッキにお掃除、
駆除完了。

彩雲

その後目が覚めすぐ寝落ち、ニューアースへ
乙カレー的にお布団引いてあって、
寝かせてもらう。
周りは忙しそうなので、はよ起きないとなぁと。
でも体が思うように動かせない。

壁ごしに、誰かが「寒い」と言っているのを
聞き、何とか起き上がり、クローゼットにある
のを着たらいがっぺよと出してあげ、
その足で、建物の中を見て周る。

もの創りをしている人が集っているとこ発見
不思議な雑貨が一杯並べてある。

液体の入った瓶に、ウサギのぬいぐるみが数個
入っているのを手に取り、かわゆし~と見入る。

その先に天然石工房があり、見せてもらったら
この世のものとは思えないw
美しい石達が一杯

加工され、センスのよいアクセになって並べ
られているのも見て、うわ~こんな風に創れ
たら楽しいだろぉなぁと感嘆してたら、
起きちった

彩雲

ニューアースと言えば、
サナンダに、オールドアースの本当の歴史
(古事記や日本書紀は時の権力者が改竄)
を教わってた時、龍の巻物を頂いたんだった

最初、誰かわかんなかったのだが、その日の
シンクロがイエスだらけで、にゃるへそと。
イエス フォーリンラヴw



宇宙警備隊の全体会議もありんす。
ひまわり銀河
映画観てるみたいな、近未来的な建物の中、
同志とお茶したり、町へ繰り出して散策
したりするのが毎回超たのしす

先日はクールビューティーなヲんなの子に
ペンダントをプレゼントされた

9割の宇宙人(虫)はヤミーす。
くれぐれも宇宙語とかの魔釣りに
気ぃつけなはれや。

サニワ基本
非常に重要なので、コレもリンク
貼っときまひょか。
この過去記事の一番下をご参照あれ。

「審神(サニワ)の方法」

彩雲

夢学校も相変わらずいそがしく。

テスト用紙を配ってたら一枚足らなかったので
コピーしに行き、戻ったら何やら口論となって
いた。

一部の子達が不調和を発していたのが原因。
選民思想を振りかざしていたので、それは
ちゃうと。人を見下したり、批判したりすると
必ず後で自分に還ってくるョ、と優しく諭したら
居心地悪そうにその場を去ってった。

落第だなぁと考えながら廊下をあるってたら
ナゼかキーボードがポツンと。

ソシドソソシドソソシドラー
ラシドソシドソソシドソソシドラーと
弾きはじめ
したらキッズがわらわら寄って来て、
「何の曲」って聞いてきたので、
シンディー・ローパーのトゥルーカラーズだぉ
と言って歌ったら、「いい曲だね~」だってw
「しょうゆ~感じる心を大切に生きるのだぞ」
と言ったとこで、起きちった。



とこんな感じで、寝たらすぐ多次元での
活動が待っている。

夢について、椿さんがおもろすな情報を
載せてくださってますm(_ _)m

「夢は魔法の杖。」

「夢は魔法の杖。2」

「夢は魔法の杖3。」

「夢は魔法の杖。4」

「夢は魔法の杖。5」

「夢は魔法の杖。6 」

アナタは何番を選びましたか
ワタクシかろうじて3でした

ほぅ。夢を見ない星人なんているのかぁ。
んなとこ絶対転生したくないわぁ

夢の内容は、意識レベルの高さに比例する
という事で、次元と共に、意識レベルも上げて
ゆきませぅ。

というワケで。
カルマ解消度と意識レベルのチェックターイム。
やり方、もいっかい書きまひょか。

一般的に、意識次元200以上、
意識ランクFランク以上、
自分のカルマと家系のカルマ20%以下、
物質界に未練はなく全てを手放せているか
未練度0%


筋力反射テスト等でLet's検証。
私の基本は、神像の刀印の型のチョキさにわ。
やり方はコチラ



意識にはランク付けがあり、神に評価されて
おま。
一般的にはFランク、Gランクまで落ちると
消滅っス。
消滅させる事も、愛。

意識レベルを上げるには、感謝行と、
自身の闇、認めたくない部分をまるごと認め、
サレンダー、降参する事で光を当て浄化、
手放す断捨離と、
「天上神界の光が全ての人に届きますように」
と言って、プラズマ柱を立てるの3つ。
光の柱でもいいんだけど、プラズマ最強
プラズマ柱の立て方は、コチラ

意識レベルが上がると、自分→家族→社会→
地球→宇宙→神界と、考えられるように
なります。

カルマを返し、意識レベルを上げ、
天界へ還る事が、真のアセンション

そして、神界にも次元があり、神も修行中
なので、先行くセンパイ方を尊敬はします
が、崇め奉ったりするのは、まつがい。
切磋琢磨し、次元上昇を目指している同志
というスタンス

そもそも神とは摂理、真理。
だから、神と呼ぶのはサムシンググレート、
大元の創造主のみにして、あとは名前で
呼べばいいのに。ブツブツ

彩雲

にしても7月の身体の軽さがウソのよう。
すっかり前に戻ってしまい

ついにアッチでも仕事中寝落ちするという
ハっと起きて、野菜で季節の旬なもの、と
メモっとるしw

そんなこんなでどんなだ。
夢と言えば荘子先生

昔者荘周夢為胡蝶。
栩栩然胡蝶也。
自喩適志与。
不知周也。
俄然覚、則蘧蘧然周也。
不知、周之夢為胡蝶与、胡蝶之夢為周与。
周与胡蝶、則必有分矣。
此之謂物化。

昔者、荘周、夢に胡蝶と為る。
栩栩然として胡蝶なり。
自ら喩しみて志に適うかな。
周なることを知らざるなり。
俄然として覚むれば、
則ち蘧蘧然として周なり。
知らず、周の夢に胡蝶と為るか、
胡蝶の夢に周と為るかを。
周と胡蝶とは、則ち必ず分あらん。
此をこれ物化と謂う。

自分が蝶になってひらひら楽しく飛んでいる
体験をした時、人は当然の事ながら、
それは夢だと思うでしょう。

荘子も自分が蝶になった夢を見ているのかな
と思ったけれど、気がつくとまた荘子になって
いた。

今がうつつだとすると、さっきまでの体験が夢
だった事になります。
しかし、この「今」の荘子だという状態が、
蝶が見ている夢ではないと、どうして言える
だろうか、というわけです。

「今」から覚めてしまう事だってあり得る。
そうであれば、今、現実だと思っている事が
そのまま夢であってもおかしくはないのです。

荘子にたびたび登場する恵施が唱えた説に、
「方生の説」というものがあります。
「方生」とは「ならびしょうず」と読み、
あれとこれ、生と死、是と非などの二元論の
双方ばかりでなく、全てのものの区別は
同時発生しているという考え方です。

夢もうつつも、全ては並び生じているという
認識です。

この「胡蝶の夢」のエピソードはまた、苦しい
「今」に向き合う勇気を与えてくれる考え方
でもあるでしょう。
というのも、状況が変われば「今」が持つ意味
も全く変わります。

「胡蝶の夢」は、現実だと思っていたものも、
やがて覚めてしまえば夢になるという話です
から、そこから、たとえ今が辛くとも、そんなに
思い詰めなくても大丈夫ですよ、という励まし
を受け取る事も出来るでしょう。


玄侑宗久氏m(_ _)m
なーんくるーないさー(大西ライオン風w)



にしても眠い。眠すぎるという事で、
身体の入れ替えの時も同じ感じだったのを
思い出し。

色んな事が同時進行してるようだ。

したらやっぱし、アッチでベッドに寝かされ
身体見てもらって、何やら取り出されたり
しとるしw

とある商品が置いてあり、誰かすぐにわかた
とても乙カレーなご様子だった
やってもらってなんなんですが、
「慈悲も過ぎれば欲となる」です。
かつてのツクヨミ、マリアが陰化した原因。
何事も、ええ塩梅が丁度よい。
どうぞ、ご自愛くだされm(_ _)m

おかげで、アッチではwすっかり身軽に
なったところで今度は、
鍵を持つお方が登場、ラヴラヴしてもらた
寄り添って道あるってたら、急に倒れそうに
なってびっくら慌てて支えた。
ダイジョブか

これまた相当、乙カレーなご様子。
お二人とも、そろそろハイヤーの先におる
本体さんとの対話へGo

次元の扉を通った、テオーシスを目指してる
同志もご一緒に

夜寝る前とか、朝起きてすぐとかの静寂の
時間を大切にし、丹田呼吸、7秒吸って
7秒吐くを数分繰り返し、その間マインド、
頭のおしゃべりは、右から~左へ~
受け流すぅ~w
静かになったところで、胸に向って、
これまでシカトしてきてしまった本体さんに
まずは、素直に、あやまってくらはい。
「ごめんなさい」

次元が違うので、わかりづらいですが、うん
とか、ううんとか首を振って答えてくれます。
(基本しゃべりまへん)
座ってジっと自分を見つめているのがわかる
かと。

色々質問してみませぅ。
あとは筋力反射テスト等でサニワし検証。

直感やビジョン、夢でも教えてくれます。

答えはアナタの中に

コチラはアバター、ハイヤー、本体の
三位一体、統合サインの
トリニティタイフーン禊後のマジックアワー

マジックアワー

総入れ歯w
ビジョンと言えば、このとこ立て続けに
寝起きに見える3D映像のビジョンが。

ヲシテモモソヒメ

そうかぁ
寝てるところを、かたじけないm(_ _)m

果報は寝て待てとな
ゆとりぽく、了解デース


そだ、蚊のシンクロあり。
エナジーバンパイアの終了。
今後は、自力でエナジーみなぎらせるのみ。

As Above, So Below.
アッチでインチキ出来なくなったのが、
やっとこさコッチにも顕れて来ましたな。
こんぐらちゅれーしょんっ

ニギハヤヒにシメて頂きませぅ

自分を含めた物質社会を俯瞰して眺めることが
できる本当の自分の存在に気がつくと、
セルフイメージが低くなったために作られた、
自分を守るための殻(プライドだったり、
怯える自分を守る壁だったり)がどんどん薄く
なって行きます。

こうなると自分の中から輝きが放たれるように
なるわけですが、その輝きが形になったものが
自己表現となります。

よく花を例に例えますが、自己表現は押し付け
がましさがありません。

花が玄関のチャイムを鳴らして、
「あたし綺麗に咲いたの。見て。」
なんて家を訪れたりしませんよね。

「べ、別にあんたのために咲いたんじゃない
んだからね!」なんていうツンデレさんな花も
いらっしゃいますが、いずれにせよ自分が咲き
たいから咲く。
それで満ち足りているんですね。

「綺麗だね〜」と声を掛けられたら尚嬉しい
けれど、別にそれを期待していません。

では自己顕示欲とはどんなものなのでしょう
か?

セルフイメージが低いまま何らかの行動を
起こしている。ということがポイントです。

日本とは違い、海外では押しの強い前に
出たがる人間が褒められたりしますが、
一番の違いは周りに対して反応を期待します。

賞賛を浴びるために生きているんじゃないか
と思えるほど強烈に。

それは何故か?
エネルギーが自分から湧き出ていないので
欲しいからです。

自分を認めてもらいたい。
(これもエネルギーが欲しい)と思うから
評価を気にします。

自分の作るものなんて。なんていうセリフを
良く聞きますが、これもそうですね。

私は謙虚だから。とおっしゃりたいのは
分かりますが、エネルギーがハートから
湧き出ていないので満たされた生活は
遠くに離れていきますよ?

セルフイメージが元に戻っている人は、
満ち足りていますから、
認めてもらおうとはしないんです。

必要な時は身体で色々な経験を夢中で
楽しむ。

そして経験が済んだら落ち着いた時間を
取って俯瞰した自分で出来事を眺める。

そんな暮らしはいかがですか?



同情 について考えてみます。

同情する人は優しく、思いやりのある人だと
いう考え方に対して
皆さんはどう思っていますか?

その通りと思いますか?
なんか違和感がありますか?

そうです。
同情のエネルギーは
決して軽い性質ではないんですね。

そして同情のエネルギーを求めている人も
波動は重くなっていて、
自分から湧き上がるエネルギーがないために
バンパイヤになっています。

そこにエネルギーを注いでしまったら、
どうなるでしょうか?

その人が立ち直れるきっかけを
失ったままになってしまいます。

そもそも自分で望んで引き寄せた結果、
はたから見るととても可哀想な出来事が
その人に起きたとします。

自ら引き寄せた体験に、
なぜ同情しなければならないのでしょうか?

あなたはその感情の渦に巻き込まれないで
非情でいてください。

もし、その方が放っておけない人であれば、
同情せずにどうやったら立ち直れるか、
自立に向かえるのかを考えてあげてください。

自立がなしえないのであれば、そのお相手
との関係は依存関係となってしまいます。

自立をなし得れば、そのお相手と助け合って
生きていくことができます。

どちらがあなたにとって大切でしょうか?


情けは人の為ならず。
秋の夜長を、情けと思いやりの違い、
愛と愛情の違い、慈悲と慈母愛の違いに
ついて熟考してみてはいかがでせぅ

彩雲

おまけ

不思議な進路を辿ったライオンロック、
台風10号で統べる前に撮れた彩雲。

赤だけって初めて見た
この雲だけがスーっと動いてて。
ちゃんと剣持っとるし
スサノヲとアマテラスと後に続く方達w

彩雲

お勤めご苦労サマンサm(_ _)m




Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

New Earth

welcome

Current Moon

CURRENT MOON

profile

愛

Author:愛
全てを統合し、あい(天意)となりました♪

Love is,indeed the only law

calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

検索フォーム

閻魔ちゃまのおみくじ

THE CIRCULATION OF LOVE

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter