THE HOLY LOVE

daily challenge to improvise オーダーメイドとカードリーディングのご依頼はメールフォームより承ります♪

Entries

10月のメッセージと、カルマとはpart4

15日アメブロ更新しました。
「レッスン第4シーズンスタート!」

9月は事象が立て続けで、なんとも
もちつかない感じでw

船越堤公園

そんな中、このタイミングで、家族一緒
船越堤公園へ行く事が出来ましたぁ

船越堤公園

3年振りかぁ
お花見、何も言われず一人残されて。
辛かったっけなぁ

去年、ついに家族との和解を果たせた
おかげ。
またこんな風に、一家団欒をすごせる日
が来るとは

龍たん

この日は、龍たんてんこもりだった

彩雲

ポワっと虹や彩雲も、一日中出ていて
祝福の嵐

虹

びっくらしたのは、
癒しのぬこ公園になっていたにゃーっ
みんなキレイで人なつっこく、ノラっぽく
なかった。
傍にいた子がシュタっと桜の木に登りーの
ドヤ顔w

ぬこ

普段も、外に出ればフワっと天然アロマ
の金木犀の香りで至福に包まれたりと
しやわせ~をシミジミ感じる
今日この頃

金木犀

で。
もう今年もあと2ヶ月で終わりすか。
う~む発表会どしよ
じゃなくてっ

「統合と始まり」
鶴と亀が統べる時 籠目 開けし 
夜明け鳥 鳴く


の10月がやってまいりました。

1と0で、完全にわかれる、
立て分けの時。

エナジーは、
やはり、統合。
魂・心・頭・身体の四位一体。

思い込み、丸覚えの知識をはずし、
自身の経験・体験から学ぶ。

マインド(頭)を静め、心の声を聞く練習
で、シンクロやサインをしっかりキャッチ
し実践。

決意と自己鍛錬で、的確な目標が定まって
いれば、全てが可能となる。

身体に善い食べ物や、プチ断食で負担
を軽減する等、食習慣、ライフスタイル
の見直しも。

そして、自分の中に合わせ持つ、
男性性と女性性の陰陽を統合。

もう、バランスを取るのではなく、
統合。

これまで、まかり通ってきた男性原理、
それに依存する女性原理を捨て去る。

自身にエナジーを取り戻し、
意図する事で、
霊的な成長を目指す。

天地統合

The darkest hour is always just before the dawn.
そんな中にあっても、
実は天と地が統合された事で、
同志の皆様は、続々と天界への帰還も
されていたりするのではないでせぅか。

へ、まだでは、
いろは歌とひふみ祝詞を歌ってみてネ

いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ  つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせすん

ひふみ よいむなや こともちろらね
しきる ゆゐつわぬ そをたはくめか
うおえ にさりへて のますあせゑほ
れけん


寝たらアッチでお会いしませぅw

龍たん

さて。

天界への道を目指す為にも、
カルマ清算は必須。
シリーズがはじまってから、随分と時間
経ちました。
クリア出来ましたか

椿さんm(_ _)m

カルマを解消しましょう!!って
やたら書くので、そろそろ、うんざりだ
と思うのですが。。。(笑)

嫌になって自分が楽になれる逃げ
道を探した方もいるかもしれません。

(ブログを読み続けてくれている方々
にはいないと信じてます☆)

カルマ解消がある程度まで進んで
いる方は、逆に逃げ道を探す行為を
思い付きもしませんが、
ハッと気が付くと周りには霧が立ち
込めており恐怖で動けなくなる事は
多々あります。

山で言えば、8合目くらいの霧が一番
濃くて大変です。

後ろにも前にも進めないという、
何とも辛い状態になる事はカルマ解消
を頑張る方には付き物です。

それを手探りで進んでいくと、
さらなる試練が待ち受けます。

実は山の頂上にたどり着いている
事に気が付けないのです。

頑張る人はどこまでも頑張りますし
カルマ解消は過酷ですから、
自分自身を過酷な状況に追い込ん
で頑張る事にある意味慣れてしまい
まだ、まだ頂上などではないと思う
のです・・・。
(カルマ解消したのにまだあるって
思い込む事も多いのよ!)

カルマ解消が終わったのだと言う事
さえ最後のお試しがやって来るのです。

もうカルマは終わったのだと自分自身
で気が付く為のお試し。
(最後の最後まで本当に大変ですね☆)

そのお試しに自分自身で勝ち抜くと
ようやく自分が山の頂にいる事に
気が付きます。

霧がはれた時、今だかつて目にした
事の無い景色(素晴らしい未来)を
見つめ、そして、あなたは、その景色
(素晴らしい未来)を受け入れる事に
成功するのです。

今、8合目にいる皆さんはどうか、
諦めないで頑張ってください!!

逃げていると自覚がある方もどうか
諦めないで頑張ってください!!

霊達に伝えるように託されていた
記事を書いていますが、霊達がいた
時には伝えられなかった内容です。

実際には同じ事をずっと書いては
いるのですが、オブラートの枚数を
減らして伝えるって事って言うのかな?

何事にも時期と言うものが大事だと
言われていましたが、最近はそれを
改めて痛感しています。

カルマの解消って簡単に言えば、
固定概念の解消なんだと思います。

固定概念を解消しないと言う事は
過去に縛られて生きると選択している
ようなものです。

人間はいつも何らかの出来事に対し
過去にこだわる判断をするのか?

まだ見ぬ未来への判断をして行動
するのか?

常にどちらかの決断を迫られている
のだと思います。

出来事に対して過去にこだわる判断
をする事が多いから、自分で自分を
苦しめていました。

過去にこだわる行動を選ぶ事で自ら
苦しい道に進んでしまうとも知らずに・・・。

人間はそれを繰り返し、永遠の時間の
ループに入ったまま出てこられない。

それは「永遠の8の世界」

今の苦しみが過去にこだわった選択
をしたからだと気が付くこともなく、
永遠の8の世界を人間は生きてきた
のです。
(苦しみを常に誰かのせいにしながらね。
これが過去に生きている最大の証拠ですね。)

今まではそれでも良かったのかも
しれません。

何故なら選ぶチャンスは幾度となく
何度もあったのですから。

それもまた永遠と続くように感じて
いた事でしょう。
チャンスは何度でもってね☆

確かに、これからもチャンスは延々と
続くことと思います。

ただしそれは、何もかもをいったん
0に戻してからね。

今は1つの「大きな8の世界」が終焉
を迎えようとしています。

それは何を意味するかと言うと、
そこを抜け出す大チャンスが訪れて
いると言う事です。

いいですか?よく聞いてね!!

今は「永遠の8」の世界を抜け出す
大チャンスが訪れているのですよ!!

(それを掴めるのか掴まないのかは
個人の自由です。
ちなみに何もせずしてチャンスを
掴めることはありません。
何かに頼り切った生き方をしてきて
いるとチャンスを掴むことが苦手かも・・。
何回もの人生で延々と過去を生きて
きた人間にとっては相当の苦しみが
あるでしょう。
でも根性出して頑張るしかありません。
一発逆転のチャンスは今しかないから!)

永遠の8の世界を抜け出すと言う事
は、カルマを解消する事!!
固定概念を崩す事です!!

もっと簡単に言えば、
過去に生きるのか?
未来を生きると決めるのか?
ただそれだけの事なんです!!

過去への決別はとてつもない苦しみ
を伴いますが、まだ見ぬ未来の絵を
書くにはそこを抜け出すしか方法は
ありません。

カルマから抜け出さなければ、
あなたの未来はまだまだ白紙状態です。

その白紙の紙に絵を書くことで未来へ
の切符を手にする事になるのです。

未来への切符は自分自身で作り出さ
なければならないのです。

泣きじゃくるあなたに切符を届けて
くれる人は誰一人もいないのです。

泣くのをやめて、はやく行動して
ください!!

未来へ向けての行動を今すぐに
始めてください!!

残された時間はそれほど多くは
ないと思うので・・・。 
(ここは冷静に解釈してくださいね☆)

ところであなたは白紙の未来に
何をを書きますか?

まさかあなたが何もせずに
素敵な未来が訪れると思ってる?

(過去に生きたまま素敵な未来は
絶対に来ないと断言できます!
それって皮を剥ぐほどの痛みに耐え
頑張った人達に失礼じゃない?
生みの苦しみの経験無くして未来は
生まれないのよ!!
でも出産と同じで生まれたら、全ての
痛みを忘れます。
いとも簡単に忘れちゃうよ!!
未来が楽しすぎてねウィンク)

それともまだ、どこかの誰かが書いた
未来に乗っかろうとしてる?

(また人に自分自身という商品を
営業して売るの?
また安くたたかれるよ!
いつもその状況に疲弊寸前でしょう?
もしくは疲弊を通り越して病気かな?)

人類の二極化は既に始まっていますが
それは単純に未来に生きるか?
過去に生きるか?

そのどちらかしか選択は出来ないのです。

その両方を手にする事はけして
出来ないのです。

未来に生きる選択をした人は、
すでにカルマを卒業した人々と
出会う事になるでしょう。

-*-*-

目に見えないものを信じない人達が
信じないのは
超常現象やら神様やらだけでは
ありません。

目には見えない全ての物を
信じていないのです。

目に見る事が出来ない「愛」や「心」や
「思いやり」を信じる事は出来ません。

もっと正確に言えば、
行動や物質の伴わない「愛」や「心」や
「思いやり」を信じる事は出来ないのです。

この世の「愛」や「心」や「思いやり」
なんて所詮、
物質や自分の欲を満たしてくれる行動
があってこそ評価されるものなのです。

この世(地球)は物質至上主義の
星なのです。

だから宗教であれスピリチュアルであれ
見えないものを取り扱う業界であっても
この星では見えるもの(物質)を提供
しなければ成り立たないのです。

それは本当の宗教でもスピリチュアル
でもありません。

物質至上主義社会が生み出した
「なんちゃって宗教、スピリチュアル」
でしかありませんが、
この世では致し方ありません。

その程度の宗教やスピリチュアル系
しか私たちには与えられることは
無いのです。

見えないものの中で人間が何よりも
求めているものは神様なんかじゃ
ありません。

それは単なる上っ面の綺麗ごとです。

物質至上主義である地球の人間ごと
きが神を求める?

宇宙の住人からしたら笑い種にも
なりません。

誰もが求めているのは、
素晴らしい「未来」です。

地球の人間が本当に求めているのは
「神」では無く「未来」なのです。

過去とは完全に見えるものですが、
未来とは見えないものです。

ですが、見えないものを信じない人間
たちが、 どうして新しい未来を作り出す
事が出来るのでしょうか?

この世での「未来」とは今日からみたら
明日は「未来」です。

明日には今日と似通った未来が
訪れるのです。

ちなみにあなたの求めている
「未来」とは、明日、目が覚めたら
訪れる「未来」の事ですか?

みえる現実(物質)しか信じられない
あなたが手にする「未来」とは
どこまでいっても「見える過去」に
縛られた「未来」でしか無いのです。

過去に縛られたまま作り上げられた
「未来」では
例え、どんなに自分自身が求めて
いた成功した未来が訪れたとしても、
それは本当の「未来」では無いのです。

過去に縛られた未来の中では科学や
医学の発展にも限界があります。

発展していると人間が思っていても、
私たちから見れば問題点が山積みの
発展にしか過ぎません。

それを宇宙では「未来」とは呼びません。

「永遠の8」の世界に未来など
存在しないのです。

延々と同じことを繰り返しているに
過ぎないのです。

それでも、あなた方は過去に縛られた
「未来」を追い求める為に
今、この瞬間も必死に生きているのです。

あなた方は勘違いしています。
本物の未来には喜び以外には
何もありません。

エゴや欲を満たす喜びなら
「過去からの未来」には山のように
あるでしょうが、
エゴの喜びを手にしても、
けして苦労が絶える事はありません。

それでもまだ過去(カルマ)から
卒業できないのでしょうか?

あなたが過去を手放さない理由は
何ですか?

欲やエゴを満たす為以外に理由は
あるのですか?

それほどまでに過去(カルマ)の味は
あなた方にとって甘露なのですか?

私たちからすると、そこからは腐った
匂いしかしてきません。

腐る直前がより美味しいと言われる
ものはありますが、
腐りきった時、それは処分される日が
来ることを覚えておいて下さい。

追伸

本物の未来とは
過去(カルマ)を解消しなければ
手にすることは出来ません。

-*-*-

1+1=無限の答え

真実って人それぞれに沢山あると
言うのがこの世ですね、

答えは無限にあるって
素敵な言葉だと思いますが、

実際に1+1の答えは
1つしかないのです。

真実って1つしかないのと同じです。

真実が沢山あるって、
個々にとっての都合のよい真実が
いっぱいあるってだけのことです。

答えが2の人もいれば、
3の人もいれば、100の人もいる。

今やどれが正式な答えかなんて
誰にも分らない。

答えが3の人が多数に達すれば
この世での真実の答えは3になるでしょう。

その中に答えが100の人が一人だけ
入ればその人は間違った人になるだけの事。

この世では1+1の答えは無限大にあります。

答えがたくさんあるから
人それぞれ好き勝手に言いたい放題が
出来る仕組みです。

しかも、それこそが自由なんだと
言われるありさまです。

でもね・・・
1+1の答えは1つしかないそうです。

地球の人間としてはまず、
1+1の答え(真実)を知ることが
最重要課題だと思います。

1+1の正式な答えが大多数になれば
この世はガラッと変わるのでしょうね。

でもね一番簡単で基本の1+1の答え
が分らずに、
しかも答えが無限大にある星って
あまり無いみたいよ(笑)

自分と同じ答えの人と群れながら
生きるこの世では、
真実の答えに到達するのは難しいよね~。

どちらも違う答えなのに、
互いに相手の答えは違うと弾圧する
のがこの世の習わしだもんね
しょんぼり

でも・・・。

心の底から出た答えが真実なのに
多数派に流されたり、

エゴや欲や恐怖に流されたりって
事も多いのも事実みたいです。

本当の答えは、実はみんな知って
いるのかもしれません。

今一度、
冷静に1+1の答えを考えてみない?


龍たん

カルマ清算あっての、最初の一歩。

白紙になれなければ、自分の絵は描け
ない。

1+1の答えを知っている人は、
白紙になった、その先にいる。

何とかスタートラインに立つ為に、
これまでに無知、未熟さゆえに重ねて
きてしまったカルマの数々を内観内省、
自分の闇を見つめ、反省し、二度と繰り
返さぬよう、心のお掃除、断捨離を。
人間関係の見直しも。
Mさんm(_ _)m

物もそうですが、人間関係も
要らなくなったら捨てましょう。

自分が成長して、話が合わなくなったり、
馴染まなくなったら、思い切って
そう言う関係は断ち切った方が良いと
思います。

でも今までの情が残っているからと、
ついつい付き合ってしまう自分がいる
としたら、それは無理をしていること
になります。

お互いが成長し気が合うのならいいと
思いますが、自分だけが成長して、
相手は今までと変わりなく、
何となくかみ合わなくなったとしたら
そろそろそう言う関係は切ってもいい
と言うことです。

霊界もそうですが、
成長によって住む世界も変わります。

この人間界だって同じです。

昔ヤクザだった人が改心してかたぎに
なったとしたら、今までのヤクザ関係
とも縁を切るはずです。

そうでなければ、かたぎとして生きて
いけないでしょう。

それと同じで、自分が成長してその
人間関係が要らないと思ったら、
そろそろ潮時と言うことです。

それを無理して付き合っていると、
ストレスが溜まり不愉快な思いをする
だけで、何の得にもならないと思います。

それよりも自分に合った人間関係を
築いた方が、より成長出来ます。


ビシっとケジメをつける。

ブッダも

旅に出て、もしも自分より優れた者か

または自分に等しい者に出会わなかっ
たら

むしろきっぱりと独りで行け。

愚かな者を道連れにしてはならぬ。

「わたしは愚かである」と認められる者こそ

賢者である。

逆に、自分は賢者であると思っている者こそ

愚か者と呼ぶにふさわしい。

愚か者を避け、賢者と交際すること。

これがこよなき幸せである


と。

決して傲慢にならず、冷静に霊性に分析
し、見極め、選択してゆく事で、今後の道
が大きく別れる。

で。何度も書きますが、カルマには
家系と過去生も含まれる為、
何やらかしたのかわからなくとも、
心をこめての

「ごめんなさい、もうしません」

ご先祖様には、光の柱を立てる。
地球の真ん中から天に向かって
ズバーンっと波動砲を発射する
イメージ。

そして、今生、カルマを清算出来る、
最後のチャンスを与えられた事を、
ご先祖様、親、見えないサポーター達、
創造主に、感謝

ハイおさらい。

一般的に、意識次元200以上、
意識ランクFランク以上、
(通常Fランク、上がっていくとAランクに。
Gランクで消滅)
自分のカルマと家系のカルマ20%以下、
物質界に未練はなく全てを手放せて
いるか未練度0%


一人オーリング等の筋力反射テスト等で
確認。

「私のカルマは〇%以下です」で
聞いてく。

答えは何でもいいや~という中庸を保って
行う。トイレやお風呂中がおススメ。
日を置いて、何度も確認する。

気功をされている方は、気を抜いてから
行ってください。

身体はウソをつかない。



あともう少しという所で止まっちゃってる
方って、過去生(世)だったりも

誰かに見てもらわなくったって、大概
身近な所に顕れてるワケで。

今世、子供やパートナー等、身内への深い
愛「情」が、執着となってはいまいか等。

愛情とは、愛と違い、ネトっとヘバりつく
執着。

情けは人の為ならず

過干渉で、更なるカルマを増やしてしまう
事もありんす。
お気をつけあそばせ。

心配は 百害あって 一利なし

虹

常に意識的で在る事。
さぁ今日はどっちの足から靴履きましたw

反応のみの、とっさの言動を慎む努力。
おそっとか言われようが、ゆっくり
よく考えてからお話する練習も。

我々一般人は、どんなに高尚なお話
を聞こうが、身をもって経験体験しない
限り、なかなか腑に落とす事は出来ない
もの。

「自分は苦しむべきではない」という思考
は、ますます自分を苦しめるばかり。

エックハルト師も、

苦しみは、色んなことを教えてくれる
素晴らしい先生です。

ほとんどの人にとって
「苦しみ」だけが
唯一のスピリチュアルティーチャーです。

「苦しみ」は、
あるがままの状態に対する抵抗や、
自分が意味付けした思考から
生まれたものであり、
その状況そのものから生まれたもの
ではありません。

「苦しみ」は「苦しみはもう十分だ」と
わかっていくために、
必要なものなのだと言えるのです。

あなたがある苦しみのところまで
行き着いた時、
その苦しみのほとんどは、
自分で創り出していたのだということに
気がつくはずです。


とおっしゃっており。
根っこにあるものに、気づけるまで、
苦しみを引き寄せ続ける。

虹

ガンガジ師がシンクロm(_ _)m

「痛みにしっかりと向き合う。
真実をあらわにしてくれるのは、
他ならぬ、痛みなのだから」 

私たちは皆、心が壊れるままにまかせる
ということがとても怖いですね。

心が痛むたびにそこには亀裂が生じ、

そうして、何度も何度も、
繰り返し心が壊れるままに任せると、

亀裂はどんどん、どんどん大きくなります。

でも、

亀裂はただの空間にすぎないのです。

あなたの真我、真実のあなた、
という空間です。

ほとんどの人々は、痛みを取り除く為に
スピリチュアルな探求に加わりまが、
もっともなことです。

なぜなら、痛みがなくなれば幸せになる
というふうに、みな思い込んでいるからです。

でも、スピリチュアルな道をずっと先まで
やってくると、

それは、一つの痛みを他の痛みにすりかえ
ただけだったということが見えてきます。

あるいは、痛みを覆い隠したり、
固めてしまったり、しびれさせて感じない
ようにするのが得意になっただけだと
わかります。

痛みにはしっかり向き合わなければ
いけません。

そうすればわかります。

向き合うまでは、
これは単なる知識でしかありません。

単なる記憶している言葉であり、
見識であり、他の人の過ちを指摘して
正したりするような、
そういうたぐいのものでしかありません。

でも、痛みとしっかり出会うとき、
あなたは、切望に出会い、

そして本当のあなたに出会います。

無執着という概念がありますが、

仏教の教えから来たそれが、
マインドによって都合良く受け取られると、
痛みから解放される方法であると解釈されます。

『あっ。そうか。わかったぞ。
執着しなければいいんだな』
と、解釈される訳です。

そしてそこに、

無感覚や、距離を置いたり、
ということが起こります。

そうなると、人生の痛みも、
愛の痛みも、心が引き裂かれるような
痛みも、

体験する必要がありません。

そして、

心地よさや、さとりや、コントロール
などという、

いろいろな名前にかこつけて、
もっともっと固く心を閉ざすということ
が起こります。

ですから、無執着という考えは捨てて、

あなたの執着を進んで経験して
ごらんなさい。

執着することの痛みや美しさ味わい、

執着するものが、引きはがされていく
悲しみを味わってごらんなさい。

そうすると、あなたは、

決して切り離すことのできない何か
に気づくでしょう。

それは、

禁欲的だとか、無感覚だとか、
無感情だとか、そのような非人間的な
存在ではありません。

自由で、そして意識的に、
それらのすべてをふくむものであるのです


light

「執着しない」という執着。
「無条件の愛」も、無条件っていう条件
つけてたりネ。

自分自身であろうという努力は
やめたほうがいい。

それもまた一つの役割になるからだ。

「かまえない自然な私」という役割だ。

あれこれになろうと努力を始めた
とたんに、あなたは役割を演じる。


と、もいっちょエックハルト師m(_ _)m

言葉や判断をとっぱらって、事象をただ
ただ観察する訓練。

ありの~ままで~とは事象の事。
事象も他者も、コントロール出来ない。

外への期待はエゴ。

期待するなら自分にしろ

みたいな事が、ついったに書いてあった。

事象に対し、感じた事を感じきった上で、
自身はどう在るのか、を唯一コントロール、
自立=自律する努力。

日常でひたすら鍛えて、志高く、真・善・美
に生きてゆく事で、自身の次元を上げてゆく
それが、アセンション

ここまで来て、くれぐれも苦しさゆえに
へんなスピの魔釣りに引っ掛からぬよう

待ってたって、何も変わらない。

とっくに籠は開いてるのに、葛藤・不満を
抱えながらも現状維持での安泰を欲し、
自ら籠かぶして生きる道を選ぶのか

『人は外からの力では変わらない』

自分の内側から変化を起こさせるように
自分自身が変わって、
成長していかなければならない。


naoshiさんm(_ _)m

もう一踏ん張り
顔晴りませぅ

light

兎にも角にも、口先だけではない、
「感謝の状態に在る」事が、心の声を、
直感やサインでキャッチしやすくし、
全てを善い方向へと、導いてくれるのだ

感謝とは。
オレさまm(_ _)m

先日いただいた質問から、
今回のメルマガを発行しようと思う。
そのいただいた質問とは、

「感謝とはなんですか?」

というもの。

感謝の意味を、神秘学的に、と。

シンプルで、深い。

そしてオレの回答は、こうだ。

感謝とは、

「祈り」ではないだろうか、と。

では、祈りとはなんだろう。

人はいつの時代も、
崇敬に値する人や聖人、
あるいは神さま、神的な何かに
感謝を捧げ、祈り、
ときに願いを託してきた。

そのような「想念」を抱くとき、
我々は、想念形態・・・
エレメンタルを産みだす。

生まれたエレメンタルは、どこに
行くのだろう。

神的なものに祈るとき・・・
たとえば、
キリストへの感謝のエレメンタルは
キリストに向かうだろう。

そして、やがて祈った本人に戻る。

同じように、例えば親しい友人に向け
られた感謝も、あなたに戻るだろう。

それが、エレメンタルだからだ。

欲望から無意識的に生まれた
エレメンタルと違い、
美しい思考や想念のもとに生まれた
「思考・欲望型」エレメンタルは、
あなたに戻ったとき、あなたの持つ
「感謝する心」をより強くするだろう。

それは「祝福」ではないだろうか。

キミが誰かに感謝するとき、それは
自分をも等しく祝福している。

そうオレは捉えている。

ゆえに感謝は、人も自分も、
そして世界という庭園を美しくすること
ができる「祈り」なのだ。




Comment

初めまして 

Y様、メッセージを有難うございましたm(_ _)m

自分の中に芯(神)を持ち、人智を尽くして、天命を待つ。
なんくるないさぁ^ ^

という感じで、オーダーメイドのご注文以外は、コメ上で、お返事させて頂きます。
ブログ一番下の、「CO」をクリックすると、コメント欄が開きます。
管理者のみ表示にチェックを入れると、鍵コメも出来ます。

今後とも、宜しくお願い致します!
  • posted by メールフォーム下さったY様へ。愛(momo) 
  • URL 
  • 2015.10/28 12:33分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

New Earth

welcome

Current Moon

CURRENT MOON

profile

愛

Author:愛
全てを統合し、あい(天意)となりました♪

Love is,indeed the only law

calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

検索フォーム

閻魔ちゃまのおみくじ

THE CIRCULATION OF LOVE

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter