THE HOLY LOVE

daily challenge to improvise オーダーメイドとカードリーディングのご依頼はメールフォームより承ります♪

Entries

70年目の終戦の日と、自立(自律)の時

20日、アメブロ更新しました。
自分を奮い立たせるもの


すっかり書くのをど忘れしていたの
ですが、7月頭位に身内系守護霊の
あり方に変更アリ

sun

アッチで仏壇がズラーっと並んでいて
全て中が、からっぽ。

お坊さんがいらっしゃったので
話しかけたら、片付けタイヘンだぁ~
と苦笑い。

実は線香3本は、ご先祖様を封印する
呪術だったり。
去年でしたっけ仏壇の火が原因で
火事になったニュースとか有りましたが
そういうのいらんっていうサイン。
しきたりに潜むワナ。

まっ自分は仏壇好きですがw
毎日忙しくて、ご先祖様を忘れがちな
現代人には、感謝の心を伝える窓口に
使える良いアイテムとして活用されたら
よろしいかと。

カルマ解消には、家系も含まれる為、
ご先祖様を意識し、光の柱を立てると
いいです。
へーこんな方法もあるんだ

仏壇も、もっとこうインテリアとして
おされにしたいものでつ。
色をカラフルにして、スワロでデコっ
たりお花も、バラとか
(トゲを取ればOKってぶっちゃけ寺で
お坊さんがおっしゃってました。
あってもいいみたいすケドw)

で。
その後、シンクロやサインとは関係ない
不注意からの、ぶつけてアザとかすり
傷とかが頻繁に起こり。

普段の動作1つ取っても、意識的で
ある事で、安全を確保しなよ的な。

前に比べれば、随分攻撃もなくなり
ましたが、生霊等、あかんヤツから
身を守る為にも、寝る前やお出かけ
前にはバリアを欠かさずに。
何かされたら感謝返し。

バリアのやり方、覚えてます
自分の周りに何層もの膜をはる。
シャボン玉に入ってるイメージ。
そこに聖水を注ぎ、一杯にしたら、
シャイーンと輝かせ光水に。
そこにマグマを注入し完了。
イメージ力が、ものを言う。

感謝返しは、誰かわからなくとも
何かしてきた人に、
「有難う、全てお返しします」と言う。
こんだけ。カンタン。

出来たかどうかは、サニワで確認。
あっこの情報があってるかも



こっからは、自分の身は自分で守れ
とな。あたりまえなんだケド。
自己責任の重さが急にズシっと。
お引越し完了で、めでたいのだが。

というワケで。
わかりやすいサポートは終了、大枠
のみとなり、意識していないとスルー
してしまう、サインやひらめき、シンクロ
をDon't miss it

しっかりキャッチする為にも、静寂の
時間を持ち、呼吸を意識、マインド、
思考を静め、ハート、魂の声を聴く
練習あるのみ。
「なんとなく」の直感を、甘くみるなかれ。

この先、気を引き締めてまいりませぅ

椿さんの読んで思い出したのでしたm(_ _)m
滝汗

最近はただ人を殺してみたかっただけ。
と言う殺人事件が多くなってきましたね。

それに類似したような殺人事件も
多いように感じます。

今までなら殺人までには至らなかった
ような事件でも殺人になってしまって
いるような・・・。

毎日どこかで殺人事件がありすぎて、
テレビでは放送されない事だって
あるくらい・・・

犯人達の「ただ人を殺してみたかった」
と言う言葉に嘘はは無いのかもしれま
せんが、その人間の奥の奥のさらに
ずっと奥を覗いてみると、遥か彼方の
前世で、人を殺したいほど人を憎んだ
事があった魂なのではないかと思うの
です。

その時に、人間としての心を失って
しまっていたのかもしれません。

前世を見ていけば殺人者が人間の
心を失った悲しい話しがあるのかも
しれません。
(けして殺人者を援護をしているわけ
ではありません。
それを乗り越える事をせずに獣に
なった言い訳は出来ません。
そもそも同じことを繰り返す為に人間
をしているわけではないのですから。
許されることではけして無いと椿は
思っています。
それこそ宇宙の法なんじゃないかと
思いますが・・・。
宇宙の法って単純かつシンプルその
ものだと思うのです。
また幼稚な人間の捉え方によっては
無慈悲だと思えるくらいだと思います。
それを受け入れたくないからグダグダ
と愛を持ちだしたりするのよね~。

法律1つとっても、裁判1つとっても、
大きな事であればあるほど、この世
では宇宙の法で解決している事など
何一つないのかもしれませんね。
 
とは言え、全ては人間同士の連帯
責任だと思います。)

その傷がずっと残ったまま現代の自分
を生きているのではないかと思うのです。

当時誰を殺したいほど憎かったのかは
忘れてしまっていますが、殺したいほど
の憎しみだけはずっと残っていたのだと
すれば、今、何故かは分らないけれど
殺してみたいと思うのかもしれません。

もしくは相手が誰だったのかは忘れて
いても、殺したいほど憎んだ事も何と
なく残っていれば、ちょとの事でも相手
を殺してしまうって事にも繋がって来る
のかもしれません。

現代の相手への憎しみだけだと思って
いても、実はその奥を探ればって事も
あるような気がします。

どちらにせよ、人間の自分さえよけ
ればの結果が憎しみを生んだので
しょう。

その思いがもう抑えたくても抑えら
れなくなってきた現状。

これが霊達の言う、人間の大清算
の1つだとしたら、何と恐ろしいの
だろうと思います。

今までは霊がいましたので、何らか
のブレーキはかけてもらえていたの
ではないかと思います。

霊がいなくなったと言う事は、小さな
事では人間のやる意地悪などを
止めてくれる霊がいないって事です。

意地悪な人はより意地悪になるって
事も増えてきていると思います。

霊がいる時でも激情タイプは霊でも
止める事が難しいって言ってましたが、

(激情タイプの方って怒りのコントロー
ルが出来ないので・・。
このタイプで、チープな霊能力がある
タイプはマジで手に負えない・・。
とにかく自分の聞きたくない事を言わ
せないぞ!って思いが強いから
兎に角関わるとめちゃくちゃ疲れますし
結局延々と自分が裸の王様を喜んで
続けたいと思っている事にも気が付け
ない。
今の時代に裸の王様を続けるのは
どうかと思いますが、自由意思で
選んだのなら最高の裸の王様を
極めてもいいかもね☆
ただ裸の王様の家来になる選択だけ
はやめたほうが良いと思います。
意外にも霊能者や何か(権力にせよ
頭にせよお金にせよ)を持っている人
が比較的多いです。
もちろん激情タイプじゃないから
良いって訳じゃありません。
表向きは温厚に見せていても心の中
が激情タイプと言う隠れ激情タイプは
もっと厄介。
反省しにくいのよね・・・。
表向きは何もしていないからね~
しょんぼり)

それでも後から反省を促しては
くれてたみたいです。

長続きしない反省であっても、塵も
積もれば山となるではありませんが
少なからず激情の度合いが減って
来ることはあるのです。
(年数はかかるようですが・・・。)

激情タイプの方って怒りのコントロー
ルが出来ないのですが、今は、
反省を促してくれる霊もいないです
からね~。

反省は確実に減っているだろうな~っ
て思います。

開き直り型になってきているかも。
(一瞬の反省など反省したとは
言いませんが、反省したと思いがち
です。
反省した気になってすぐに自分を
許しちゃう(笑)
本当に自分に甘い人間の特徴を
表していますね。
人は反省を持続させないから
同じことを繰り返すのです。
で、今の世が完成!!
やられた側はいつまでも憎しみや
苦しみが消えないけれど、やった側は
一瞬ですぐに忘れるから、
輪廻を繰り返すうちに訳が分らない
犯罪が増えてしまったのかもしれ
ません。
ただ人を殺したいっていう殺人が
当たり前になってきたのよ・・。
恐ろしいですよね。

その原因って人間が犯した無反省
と憎しみのゴミの山が原因なんじゃ
ないでしょうか?)

今の世は日々のニュースを見ても
分るように、もうブレーキのきかない
壊れた車があちこちで暴走してる
状態なのかもしれません。

今まであれほどまでに霊達が助け
てくれていたのに全く気が付きも
せず、自分達の欲にばかりかまけ
ていた結果なのかもしれません。

前世ブームだって夢みたいな
メルヘンみたいな事ばかりに
目を向けて、自分自身の恐ろしく
醜い恥部を見る事にはけして
使わなかったですからね・・・。

前世の本当の使い方はそこだった
と思います。

いまですら、自分の嫌な部分を指摘
されたら激怒する方が圧倒的に
多いと思います。

スピリチュアルって
自分を許しましょうって甘いやり方っ
てありますが、

とことん自分を見つめて、
自分の本当の真実を見てから
自分を許せばいいと思います。

中途半端に自分を許しているから
先に進めないのだと思います。

真実を避けて避けてきた結果が
今の世だとしたら、全ては私達人間
一人一人の責任なのではないで
しょうか?

これからどうしていく事が良いのか?
を真剣に考えて行動していく事が
必要だと思いますが、
やっぱり自分を徹底的に見つめる事
が一番この世に貢献できると
思います。

一人一人が本当の真実に辿り着
かなければこの世はけして
変わりませんから!!

-*-*-

きっと、人間は欲やエゴで真実を
手放してしまったのかもしれません。

自らの手で真実を手放した結果、
見えるものが見えなくなり、

神との間に距離が出来てしまい、
その隙間(闇)に偽物の神が鎮座した
のかもしれません。

真実を見ていくのが嫌なのは
誰もが同じ。

楽がしたいと言う思いは、
昔からずっと無くならない
人間の感情の1つ。

自分は日々、嫌な事を頑張って
しています。だから楽なんてして
ないって思ってる?

でも意外と嫌な事をする方が結果的
には楽だからしてるって事のほうが
多いかもよ!

何かをやめるよりも、何かを始める
事よりも今やっている嫌な事をして
いる方が、世間的にも家族的にも、
人間関係にしても、ありとあらゆる
色々な面で何かと安全だからと嫌な
事をしているのであれば、それは
「嫌な事」ではなくて「楽な事」
だと思うな~。

嫌な事はしているけれど、もっと
嫌な事をしない為にって事もある
でしょうし。

そこを間違えて捉えていたら
いつまでたっても先には進めない
と思う。

人間は長い年月をかけて真実を遠く
に手放しすぎて、何もかもが、
(言葉や心など)ややこやしく
こんがらがってしまって解けない糸
になり、それら(言葉や心)を騙し
騙し使っていくしか方法が無くなっ
てしまったのかもしれません。

それを人は「それが人間だよ」って
分かったような顔をして、言い切る
場面がいたるところにゴロゴロと。

自分自身の心や言葉さえも嘘だらけ
で、真実が見つけられなくなった迷子
の人間が、迷子から抜け出すには
どうしたら良いのかを考える事って
凄く重要だと思います。

あっ!
まずは自分が迷子だって気が付ける
かどうかの方がもっと重要ですね。

本物の真実はシンプルでたった1つ
しかありませんが、たった1つの真実
に行き着くには、その時その時の段階
の自分が信じた真実のトンネルを、
何度も何度も通り抜け、それを経験し
後悔し泣き崩れる必要があるのかも
しれません。

その辛い経験が出来た人は幸いなの
かもしれません。

残念なのはそのトンネルの途中で家を
建てお店を作り結婚し、トンネル中で
生きる事を決めてしまう事だと
思います。

トンネル中で生きると一度でも決めて
根をはってしまうと、そこから抜け出
すのは至難の業となります。

トンネル中で留まるって事は
「千と千尋の神隠しの中の豚」になる
って事だと思います。

トンネルの中でしか生きられない人間
があまりにも多いと小太郎が嘆いて
いましたが、今はそこから抜け出す
色々なチャンスが満ち溢れてもいます。

チャンス=素敵な事だと思わないでね。

たとえ、不意に訪れた良い事だって
単純にラッキーって流さないほうが
良いと思います。
色々なチャンスが含まれているはず
だから。

例えば誰かに心からありがとうって
伝えるキッカケだったり、心から反省
したり感謝したり出来るキッカケ
だったりするのよ!

自分が満足したり、ラッキーな事が
なければ、誰かに心からありがとうを
言えないのなら、そのチャンスを
与える為に良い出来事だって訪れる
時期なのよ!
 
逆にこの時期にそのようなラッキー
な事が無いのであれば、それが無く
てもあなたには出来るよって事
だったりもあると思いますし、
後に訪れる予定の辛い出来事を
少しでも軽減する為の良い出来事
だったりもします。

もしくは自分にとっては辛い出来事
の方が必要な場合もあるでしょうし。

今の時期はボケっ~って寝ていたら
ダメよ!

もちろん、そのどちらが優れています
って事は全くないですけどね☆

大きく見れば良い出来事も悪い出来事
もその先にあるお試しに関しては
全く同じです。

もう全てが互角の戦いです。
ここは全て平等です。

時期が時期だけにここまで来ると、
逆に、特別に大きな事をやり遂げろと
言われているわけではないようです。

1ミリ程度の事であれ何故だか自分
には出来なかった事をとにかく頑張っ
てやってみよう!って事が多いよう
に思われます。

自分にとっては1ミリがとてつも
ない大きな事って事はあるでしょうし
それを超えた時に初めて1ミリ程度の
事を躊躇していたことに気が付くと
思います。

なので、1メートルの事が出来ても、
1ミリレベルの事が出来ないって事も
あると思います。

ですが、その1ミリを超えると
一気に流れが変わるのでしょう。

その1ミリを超えるチャンスが平等に
今の私たちには与えられるのです。

平等に与えられたチャンスを無駄に
するのも糧にするのも、すべては
自分次第です。

こればかりは誰もあなたの代わりには
なれないのです。)

人間とは自分がお腹がいっぱいに
ならないと、心からの感謝や反省が
出来ない生き物みたいなんです。
だったら、それすらも使ってみましょ
うって時代なんです。

そのチャンスで勝ち抜くには、自分
自身の頑張り以外に他ありません。

仲良しの誰かと手を繋ぎながら
抜け出せると言う時間はもうない
と思います。

その時代は残念ながら終わってます。

今は個人戦の時代なのです。

仲良しの誰かを助けたいと切に
願うのならまずは、個人戦を戦い抜い
てから仲良しの誰かを導いてあげて
ください。

それは親と子の関係であれそうだと
思います。

子を助けたいのであれば親が個人戦
で戦い抜くしか方法はありません!

親を助けたいのなら子が個人戦を
勝ち抜く。
今、許されているのはただそれのみ。

でもね~。
トンネルの中での生活はある意味、
自分にとって都合の良い真実が
溢れていますし、自分自身の本当
の真実を目にする事は無いので
楽で幸せだと思います。

(湧き出る欲やエゴの願いを叶える
為に色々と辛い事はあっても
そんなのは楽でしょう?それが叶え
られないから辛いだけの事を頑張っ
てるって勘違いだけはしちゃダメよ!
ダメダメ~)

その道を選んだのなら、このブログ
は見ない事をお勧めします。

間違いなくロクな事を書かないから
ねっ(笑)

だれが正しいのかなんて今の時点
では誰にも分りませんしねぺろり

あっあとね、トンネルの出口近くで
外の様子を覗っている時間も無いと
思うよ~!!

いっそ、どっちかに決めたほうが
絶対に楽だと思うよ~♪

正直言って見える聞こえるなんて
個人戦で勝つ為に何一つ役には
立たないです(笑)

見える聞こえるが役に立つ日が
来るとすれば、それは個人戦に
勝った後に訪れます。

自分との戦いとは、何とも孤独で
過酷なものなのよ~!


彩雲

自分を赦すのも、他者へ向かうのも、
自分の真実を知ってから。

出来たつもりが一番タチ悪い。
謙虚だったら、出来てても、自分ダイ
ジョブかって常に問いかけ続ける
ものだ。

これでもかって位あります
自己犠牲、自己欺瞞、自己顕示、
自己憐憫等、被害者意識

無意識ゆえに、日常の中で重ねる
カルマは、塵も積もればで。

「所有」という概念もやっかい。
恐怖ベースの生き方そのもの。

レッスンでみんなで歌う曲、テネシー
ワルツのように、彼氏をとったとられた
だの情レベルで、愛を語ってくれるな
みたいなw

「愛と恐怖は、同時に存在出来ない」

自身の闇を見つめ、認め、統合し、
デバッグの実践をしてゆくという、
光の道を歩もうとする努力なしに、
自身のハートに愛の源泉が有る事
にさえ気づけるハズもなく。

欠けたる思いを外で補おうとしている
以上、いつまでたっても満たされる事
はない。

福島原発の水蒸気、原発の再稼動、
まるで連動しているような、桜島の
噴火警戒引き上げ等の天災、
サインめいた事件の数々

世も末だと嘆く前に、負の連鎖をここで
ストップさせられるかどうかは、自身の
心の在り方にかかっている事に気づく時。

愛に生きるのか、恐れに生きるのか。

ファイナルアンサー

エレーヌ教授の「脳科学は人格を変え
られるか
」を読みつつ、同時進行で
白熱教室を見ているのですが、
ご主人のケヴィン教授の「あなたの中
のサイコパス」を見て、
何も犯罪者だけがサイコパス(反社会的
人格の一種を意味する心理学用語)
なのではなく、
我々の中にもサイコパス的特性はある
という事、そしてその特性を、仕事に活か
し成功しているのが投資家、実業家、
弁護士等。

難しい局面で、冷静に判断を下す
事が出来るという、サイコパス性を
活かす事で、個人や社会に貢献して
ゆく事も出来ると。

ケヴィン教授自身、サイコパス度を
はかるテストで、高い点なのだそう。

極悪ハッカーは、最強のセキュリティー
を作る側にもなれるという事。

その冷静、明晰さを、自身の中にある
欠乏感からくる悲しみ、怒り等を俯瞰
する事に発揮してゆけたら。

そして、今後の在り様を、最強の分析力
を持って実践してゆけたら。

闇が深かった分、光の強さもそれは
それはパないコトだろう
こういうルシりんタイプ、超好みw

彩雲

?さんm(_ _)m

あなたが好きなひとにもっと
ああしてほしい、もっとこう
してもらいたい、って感じて
ることは、

あなたのなかの自分への期待、
欲望に対する
あきらめの代替行為であって、

あなた自身の自分への無力感の
投影でしかない。

だから、期待はずれになると
とても強い怒り、失望感が
でてきてしまう。

それは結局、相手への怒りだと
勘違いしているけど、じつは
自分への怒り、失望感なのよ。

自分ではどうにもできないって
信じているさまざまな
「あきらめ」がそのまま投影と
して映し出されているだけの事。

結局、その「あきらめ」を他者で
満たそうとする事が
自分自身を傷つけることだって
事に気付くまでは

ずっと、パートナーへの失望と
怒りはリピートしつづける。

相手をいくら変えてもね。

そもそも「あきらめ」を他者への
期待として、出すところが間違っ
ているの。

不満、不足感、欠乏感を感じて
いるのはあなただけ。

だから、
あなたの問題で
相手の問題じゃないのね。

そこに気付かないと、
あなたの人生はずっと、
誰かに期待しつづけて
不満を抱えて膨らませることの

感情ゲームのループでしか
なくなるわよ。

あなた、自分のなかの不足感、
欠乏感を
しっかりみたことないでしょ?

そこなのよ。

すべての現実をつくっている
大本は。

まるで大きな森のなかの隠されて
きた湖みたいに
たくさん水を溜め込んでいるけれど
だれもその湖を知らない…

そんな静がたけれど、とても
濃密な場所。

その場所は、誰の意識の奥底
にもあるのよ。


大概誰しも、自分が我慢している事を
他者にも押し付ける。

違いを認めて尊重し合える関係を
築けるって、相当レベル高い。

波動があまりにも合わず、より善い
関係を築く為の歩み寄る姿勢がない
場合、パートナーだったら別れられる
ケド、親子となると、辛いところ。

最近、毒親という衝撃的な言葉を
目にしますが、子は親を選んで生ま
れてきているワケで。

まれで、一徹が塩田を継ぐ事になりまし
たが、あんなに立派に育ったのも、
父親のようにはなるまいと、反面教師
で生きたから。

後になって、事業を顔晴っていた
3年間の父は、かっこよかったョと
面と向かって言える程にまで成長

視点を変えれば、ダメ親を演じて
くれたおかげで、自分はどう在りたい
のかがハッキリし、ブレない生き方に
繋がったという。

親はこうあるべき、子はこうあるべき
ではなく、
「一人の人間として見る」
ここ試験にでまースw

お互いが、成長過程にあるのだと
考えられるようになれば、随分と
ほどけてゆくものがあり、意識して
境界線を保ちながら、調和を心がけ
られるようになる。

他者の言動に過剰に反応するという事は
自分の中にも同じ種があるから。
気にならなくなるまで、お互いが鏡となる。

うまく受け流すコツを掴めたら、リーチ。
更に、感謝出来るようになったらツモ
国士無双裏ドラw

彩雲

ウエダさんm(_ _)m

違いを理解するには、お互いに、
自分の考えを伝えるオープンさと、
相手の考えを聞くオープンさが必要。

プライドとか、勝ち負けとか、正しい
正しくないとか、強がりとか、見栄や、
卑屈さや、傲慢さなどが出てくると、
心がオープンにならないので、
理解することが一気に難しくなります。

人に批判されることを嫌う人は、
「どうして?」と聞かれるだけで、
「攻撃された」とか「責められた」と
感じる人もいます。
(これは、その人の心の地雷が作動
しているだけですが。)

「どうして?」と聞くことは、けっして、
攻撃しているわけではないし、
責めているわけでもありません。

勝ち負けを争っているわけでも
なくて、正義を押し付けようとしている
わけでもない。

ただ、どうして、そう思うのかを、
聞いているだけ。

そうは言っても、開けないなら仕方
ないのですが、そこに、愛を感じると、
心が開きやすくなります。

北風と太陽、ですよね。

太陽のような愛を注いでいると、相手も
安心して、コートを脱いでくれるのです。

違いがあることを認めたうえで、
お互いがオープンでいられると、
お互いの理解が深まります。

オープンな心で、お互いの違いを
受け入れることができれば、
小さな諍いは、ずいぶんと無くなるはず。

小さな諍いがなくなれば、やがて、
大きな争いも、なくなっていくのでは。

日々精進、ですけれども、まずは、
自分の心の中の争いを止めて、
そして、まわりの人との争いを
やめていきましょう。


折りしも今日は、70年目の終戦の日
8月は特に、命の大切さについて熟考
する月でもあります。

ちなみに数霊70は、抱擁の人。
Key Word:遺伝・解釈・原子・資源
70は、人との出逢い、関係性について
表す。あなたの見方一つで、その出逢い
が貴重なものとなり、変容する事が
可能である事を示しています。
周りを振り向きながら、縁を大切にして
ゆきましょう。
時期めぐりて 人来たる 
原子喜び 曲線描く

ネイティヴアメリカンの言葉に

人々のこころに真の平和が宿るまで
国と国との間に平和はやってこない


とあるように、兎にも角にも
自分の中が不調和だったら、元も子も
ないワケで。

結局は、何度も書きますが、
愛も調和も信頼も、外に求めるものでは
ないというところに行き着くのだ。

彩雲

エツキさんm(_ _)m

「自虐的甘えをやめる」

自分が自分にどんな問いかけを
しているかは大事です。

質問をする時に、その質問が既に
答えを求めている事があります。

以前「私はまだまだできないしー」
と自己否定的な言葉を発した後に、
「そんなことないよ」と
言ってもらえるのを期待している
自分に気づいたことあります。

言い換えれば、その時は
「そんなことないよ」と言って
欲しいが為に、
自己卑下していたんです。
そのことにハッと気がついて、
バカらしくなって、
それをやめました。

例えば、

「私、きれいじゃないし、
性格も悪いし。」

「そんなことないよ。
けっこうイケるじゃん」

というように、
「そんなことないよ」を言って
もらえることを期待して
自己否定するんです。

「私、きれいじゃないし、
性格も悪いし」と言った時、
「そうだね、あなた、顔も性格も
不細工だよね」といわれると
いい気持ちはしないでしょう。

ならば、自分が言わなければ
いいんです。

これは自分の傷のかさぶたを
はがして

「また血が出ちゃった~」

「まあたいへん、手当てしなきゃ」

と手当をしてもらうという
自虐的甘えです。

そこで安心感を得るんです。

不健康ですね(笑)

私たちは気づかずしてこういう事を
よくしています。

私たちは他人の価値観や判断に
自分の存在の価値を決めてもらおう
としがちです。

人それぞれ価値観も欲求も違い
ますから、他人に自分の存在価値を
委ねるのは、よくよく考えてみると
ヘンですよね。

人に依存した生き方をすると
しんどくなりますから、

「自分のことは自分で決める」
と決めましょう。


「己の本当の姿を鏡にうつし出されて、
殆どの者は、逃げ出す。
悲鳴をあげてな」 byエンギーウック

まれの父が、元社員から攻撃され、
会社の倒産で、社員達の家庭や人生を
狂わせてしまった事にやっと気づき、
償うと言って一人家を出てゆきましたが、
自力で気づけない以上、
ドカーンと奈落に落ちるような事が
起こって自動的に反転とかない限り、
なかなか真実は見えてこないもの
なのかもしれまへん。

自分はどう在りたいのか、
ホンキで善くなろうとしているのか

真理を探求するという事は、もう二度と
前のような無知な生き方には戻れなく
なるワケで、有る意味大変ですよネ

せっかく謝罪と感謝行で減ってきた
カルマを、余計な事で増やさない為
にも、他者を巻き込まず、自問自答し、
地道にコツコツ、自分の道を、自分の
足で、歩いてゆきませぅ

彩雲

あゆかさんm(_ _)m

カウンセリングやセラピーの
セッションを受けてもなかなか
良くならない、というケースの
ご相談をしばしば受けます。

もちろんいろいろな原因が考え
られますが、最終的に
「今までの私を失う恐れ」が
最も大きなものかもしれません。

アンソニー・デ・メーロという
キリスト教の牧師&サイコセラ
ピスト&非二元のティーチャーは

「人は楽になりたいだけで
抜け出たいとは思っていない」

というような事を言っていました。

これはしばしばぶつかるケースで、
ある程度の深いレベルまで行くと、
その人の中からこれ以上向き合う
事への抵抗や怒り、恐れ等が
出てくるんです。

自我というのは、基本的に実体の
ないものだということは書いて
いますが、繰り返すと、
自我とは、「思考、感情、感覚の
集積したもの(エネルギー)」
であって、なにか固定された存在
でもなく、常に変化し、現われて
は消えていくものです。

そんな実体のない自我が頼れる
ものは、同じストーリーを持ち
続ける事なんですね。

例えば、コア・ビリーフが
「私は惨めだ」だとします。
で、「私は惨めだ」から生まれる
ストーリーは、当然ネガティブな
ものになります。

私たちは無意識にコア・ビリーフに
合った解釈、物の見方をしますから
例えば「レストランで店員さんが、
忙しくしていた」という事があると
「私に気づいてくれない」
「私を無視している」などと解釈し
「惨めな私」のストーリーを
作り続けます。

これを何十年もやっていると、
怒りや悲しみ、緊張などがたまり、
けっこう苦しくなってきます。

さて、じゃぁ一方で、もしコア・
ビリーフが毎日くるくる変化した
とします。
昨日は、「惨めな私」だったけど、
今日は「私は無敵だ」みたいな。

念のため強調しておきますが、
ここではコア・ビリーフの話を
しています。
潜在意識の深いところにあり、
本人がまったく気づいていない
レベルのビリーフです。

たまに一回のセッションで見えて
くることもありますが、たいてい
ここまで見えてくるのに、数回
かかるか、ときには一年以上見え
てこないこともあります。

話を戻して、コア・ビリーフが
毎日くるくる変わったら・・・。

「私は無敵だ」のビリーフが見る
世界、解釈、ものの見方は、当然
「私は惨めだ」とまったく違う
ものです。そんなふうに世界観が
めまぐるしく変わると、生きる事
自体が機能しなくなってしまう
でしょう。

それにとにかく不安定ですよね。

同じ世界観に住み続ける事で、
自我は安心感が得られ、
明日もほぼ同じ~ということが、
実体のない不安定さから自分を
救ってくれるわけです。

ですから、自我にとっては
「安定、安心感の確保」は
とても大切なことです。

なのでなかなか良くならない場合
ストーリーは嫌いだけど、でも
安定感はキープしたいという狭間
で、押したり引いたりしてしまい
結果セラピーを受けても少し良く
なるけど、また元に戻る、みたい
な事を繰り返してしまいます。

さて、自我がストーリーを生きて
いるというような書き方をしてい
ますが、
実際は、ストーリーを生きている
主体は存在しないんです。
なので実は、
自我=ストーリーです。

ストーリーがなければ、
「個の私」は存続できないんです。
ですから、ストーリーを手放す事は
自我にとって安定感を失うだけでは
なく、自分の死も意味するんですね。

その為、どんなに惨めでネガティブ
なストーリーでも、それで自分が
すごく苦しんでいても、
自分が消えるよりはましだと深い
レベルで必死に執着している事も
よくあります。

もし、長年いろいろ試したけど楽に
ならないという方がいらっしゃった
ら、その方の状態によりますが、
本心を探るセッションを私は一番
やりたいと思うのです。

ほんとうに変わっても良いの? 
自分が一番求めているものは何? 
私は一体一番何を求めている?

多くの人がここを押さえないで、
癒しやスピリチュアルや悟りを
求めているなぁと思うのです。

それよりも、癒しやスピリチュ
アルや悟りが何かを約束して
くれて、それらを求めていれば
いつか自分は救われる、という
ような。

でも、このスタンスでいると、
メッセージやメッセンジャーに
振り回されやすくなってしまう
かもしれません。

例えば、“最近流行の非二元では
起きることはただ起きるって言う
けど、じゃぁたんに流されるまま
に生きていれば良いのだろうか”
等と、自分がどうしたいかではなく
メッセージを生きる指針にして
しまうといったような。

ガンガジもアジャシャンティも、
What do you really want?
を明白にしなさいとよく言います。

それは、表面的な欲しいものでは
なく、自分の中心の深いところに
ある思いです。

それがしっかり見えてきたとき、
ストーリーやメッセージを生きる
ツールとして、
頼る必要がなくなります。

すると一見矛盾しますが、
ストーリーを生きること、
そしてメッセージの真の意味が
見えてくるんです。

“私は一体、本当に何を求めて
いるの?”
が明白である限り、
ストーリーへの執着も薄れ、
手放す事も、受け入れる事も、
うんと容易くなるでしょう。

ということで、
ちょっと時間をかけて、
じっくり深く見つめてみませんか?


彩雲

シメはセヴァン・スズキさんm(_ _)m






Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

New Earth

welcome

Current Moon

CURRENT MOON

profile

愛

Author:愛
全てを統合し、あい(天意)となりました♪

Love is,indeed the only law

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

検索フォーム

閻魔ちゃまのおみくじ

THE CIRCULATION OF LOVE

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter