THE HOLY LOVE

daily challenge to improvise オーダーメイドとカードリーディングのご依頼はメールフォームより承ります♪

Entries

Separate Ways

満月パワーfor you

Luna
Luna
Luna
Luna
Luna
Luna
Luna
Luna
Luna


先日外でお茶してたら

flower

後ろ隣のカップルがケータイでTVでっかい音で見始めた

flower

うるせっ家帰って見れっサッカーなら許すっ

flower

とイラつくのを客観視していると、あぁもぉ二極化終了でこういぅ
どぉしちゃったのタイプを目の当たりにする機会もちょいちょい
あったりするのかもナと。

flower

ほんっと引きずられないよぉに、相当ブレない自分でいるコトが
必須なのでせぅ。自分で裁かない。(怒ってもオゲ、でも引きずらない)
エンマちゃんに任そぅ 

flower

中庸をキープ、平常心平常心というワケで。 
ジンガさんの▼あなたは既に最終決戦に参加している▼より。



あなたは既に最終決戦に参加している。

なぜならば、いま、この時代、この国に生まれ、

この文章を読んでいるのが何よりの証拠である。

「そんなつもりはない」とは言わせない。

あなたは確かに、「そのように決意して」生まれてきたのだから。

今はまだ思い出せないかもしれない。

しかし、人類の、地球の、宇宙の、大転換期に生れ落ちてきたという
こと自体、

あなたが最終決戦の「志願兵」であることを雄弁に物語っている。


「光と闇の最終決戦」

勝つのはどちらか。

実は、この戦いに「勝ち負け」はない。

今回は「光と闇の融合」がテーマだ。

「闇を排除した文明」は進化の袋小路に迷い込んでいる。


「悪を抱き参らせ」、「光と闇を融合」し、全てを「統合」する
のが我々の使命である。


しかし、それは容易なことではない。

容易なことではないが、やらなければならない。


なぜなら、それこそが我々の「使命」だから。


目の前の「闇」や「悪」を、「一時的に排除」して来たのが、
人類の歴史でもある。

やっつけても、やっつけても、むしろ、やっつければ
やっつけるほど「悪」が出てくる仕組み。


実は、「勧善懲悪」のやり方では、
いつまで経っても「戦い」は終わらない。


「悪」と見え、「闇」と見えるのも、
実は、「自らが蒔いた種」。

そして今は「刈り入れの時」。

何を刈り入れるかは、人それぞれ。


苦しくても辛くても、痛みを伴っても、
それは「魂の最終決算」の過程にすぎない。

誰にも文句を言わず、誰のせいにもせず、
ただ黙って受け取る。


プラス・マイナス・ゼロ。

プラスが大きい人は、マイナスも大きい。
逆もまた然り。

だから、プラスの大きい人を羨んではいけない。


日々、何事もなく平穏に過ぎる毎日こそが、最高の幸福。


しかし、いま、この文章を読んでいるあなたは、子供ではない。
親である。


親というのは、子供より早く、子供に先がけて「目覚める」
必要がある。


日本 と 世界 = 親 と 子


こたびの「最終決戦」は、逆説的だが「あらそいの心」を
捨てた方が勝つ。

押し寄せる敵の大軍に、「草薙の剣」を持って対峙する。


それは、「ガンジーの非暴力主義」に通じるものがある
かも知れない。


「最終決戦」というからには、「戦い」ではあるが、

憎しみや凶暴さを前面に出して相手を潰すようなもの
ではなく、

あくまでも毅然として、凛として、真コトを貫く。


どんなに打ちのめされても挫けない。

どんなに怖くても退かない。

絶望的な局面になろうとも、決して心を折らない。


「やった、やられた」「目には目を」

この戦いの連鎖に終止符を打てるのは、どこまでも真っ直ぐ
で、強い心。


光と闇の最終決戦は、我々の心の中で起こっている。


「霊戦」である。


一人ひとりが、一歩も退かぬ決意で、前に前に進んでいく。


相手の挑発にのって手を出せば、相手の思うツボ。

「やられたから、やり返す」というのでは、わざわざ「闇の勢力」
にエネルギーを供給するようなものである。

決して、相手と同じレベルに落ちてはならない。


こちらは、どこまでも光を輝かせ、波動を上げていく。

心を澄み切らせ、研ぎ澄まし、油断せず、相手に「つけこむ
スキ」を与えない。

そうなると、もはや相手もお手上げである。


「光で闇を包みこむ」

「光の浴びせ倒し」


さて、これだけのことを実行出来るかどうかと自問してみる。

・・・全く自信がない。我ながら情けないほどである。


しかし、長い転生を繰り返してきたのは、「この時」のため。


自信があろうとなかろうと、やるしかない。

自分の代わりはいないのだ。


「人類のアンカーとして、見事、使命を果たしてみせる」

・・・まずは、そう決意すること。




light

「さて、これだけのことを実行出来るかどうかと自問してみる。
・・・全く自信がない。我ながら情けないほどである」
ってトコがスキ

light

まぁー。
闇が魂の向上に役立つとは言え、いくらなんでもヤリすぎ感が
いなめなかったAboveの方々含め

light

宇宙全体刈り取りの時というコトで。

light

こっからサラに淡々と日々全てに感謝し、楽しみながら魂磨きを
してゆきたいナと思いまっす

light

淡々というコトで、たんたん4531さんの意識の枠(フレーム)より。



日常の流れを細部まで観察すること。
その意識のポジションがあたりまえのことになっています。
311以降、そのポジションで毎日起こることを眺めて観察していると
ほんとうにいろいろなことがわかってきます。

なぜ、いままでたくさんの人たちが幸福感を得ることが
むずかしかったのか。
どうして、地球に争いと貧困が途絶えることなくつづいて
きたのか。
なぜ、人は人を憎み、争い、奪う行動をつづけてきたのか…。

そして、いま、そのさまざまな矛盾と葛藤をよりはっきりと見せて
くれる意識の枠(フレーム)があります。

それは、変化を受け入れて自己信頼をもとに創造と分かち合いの
なかで生きていくのか、
変化を拒否して、自己不信のもとに依存と欠乏のなかで生きていくのか、
というふたつの「道」が用意されていること。

あきらかにいま後者の「道」を無意識に選択する人が多くいます。
いままでの生活、いままでの価値観、いままでのやり方を変えたくない…
という人たちが多くいるということ。

3.11に起こった出来事は、確実にふたつの「道」の選択を私たちに
提示しています。
そして、その選択を無いことにしようとする風潮すら世間には見えて
います。
しかし、いくらその選択自体を無いことにしても、すでにその無選択
という選択自体、変化を拒否する選択になってしまっているという
パラドックスが生まれています。

S.ジョブスの死は、それ自体が大きなメッセージでした。

Apple、そしてPIXARでジョブスが提示した意識のフレームは
「好きな仕事で世界をハッピーにすること」 でした。
そして、そのフレームこそ 私が何回も言い続けてきた
「魂の役割を思いだすこと 魂の役割を思い出させる仕事すること」
と重なるのです。



夢想と後悔の繰り返しで人生という時間を食いつぶす毎日をつづける
ことが許されるほど、
いまの地球流れは緩やかではないのです。



light

☆、。・:*:・`★.。・:*:・☆、。・:*:`★.。・:*::*:

いのちと霊魂のつながりを思い出してください。

あなたの霊魂とあなたのいのちが、ひとつの点としてつながったことは、

あなたという存在を生み出すための壮大な意識の意図が働いた結果なの
です。

あなたはいまその意図を思い出さなければなりません。

地球は人生を暇つぶしに使う場所ではないのです。

とくにいまの地球は銀河の変化の中心に位置しているのですから、

妥協、自己弁護を繰り返し生きていることは、

あなたの魂の目覚め、意識の飛躍という最大のチャンスを逃すことに
なります。

思い出してください。

あなたは「何」を成し遂げるために

この葛藤と混沌の惑星「地球」を転生の場に選んだのですか?

思い出してください。

いまというときはそういうときなのです




あえてこの時代、アセンション時に合わせ、先駆者となるこの
日本に生まれた。

angel

今度こそ実相そのままをあらわす真のFreedomへと還る為に

angel

意識。意識のパワーを思い出してくらはい
タイムラグは有っても必ず外界に現われる。
(タイムラグって言葉を使ってみたかった

angel

想像=創造へ。

Lukas's Love

求めよ さらば与えられん
尋ねよ さらば見出さん
門を叩け さらば開かれん
すべて求むる者は得 尋ぬる者は見出し
門をたたく者は開かるるなり

ルカによる福音書第11章9節10節


sun
sun
sun
sun
sun

ひまわりちゃん♪
ひまわりちゃん♪
ひまわりちゃん♪

ひまわりちゃん




Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

New Earth

welcome

Current Moon

CURRENT MOON

profile

愛

Author:愛
全てを統合し、あい(天意)となりました♪

Love is,indeed the only law

calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

検索フォーム

閻魔ちゃまのおみくじ

THE CIRCULATION OF LOVE

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter